輝け!希望のヒカリ

毎年、長いシーズンオフが明けて、解禁を迎えると、

毎回思うことがあるのだよね・・・

あの川にはちゃんと魚居るべか?とか

オラのフライにも来てけるべか・・・とか。

何があった訳じゃなくとも解禁を迎え、その川の最初の釣行はワクワクと不安を胸に川に刺さるのだよね。

いつものように魚が居るのが確認できる事って、当たり前のようで、凄く嬉しいことなのだ。

んでも、今年の不安はいつもの不安と同じでは無いのだ・・・

東日本大震災以来、2年ぶりに陸前高田市の気仙川へと来てみたのだ。

d0164783_21261347.jpg


2011年は沿岸河川下流部は釣りどころの話しでは無かったからね・・・



釜石市鵜住居川下流 2011年4月撮影
d0164783_21351372.jpg



大船渡市盛川下流 2011年4月撮影
d0164783_2136389.jpg



陸前高田市気仙川下流 2011年4月撮影
d0164783_21381298.jpg



中でも陸前高田の被害は特にひどかったのだ、被災車両は車種が判別出来ないほどだったべ。

d0164783_22381152.jpg



去年だって、下流部までは行く気にならなかったのだ・・・

んでも今年は魚が居ることを願ってやって来たのだが・・・

残念ながら状況は思わしくなかったべ・・・

ライズどころか魚影も無し、釣れないのはもちろんオラの腕の悪いせいでもあるのだが・・・

釣り人の一人も見ることは出来なかったのだ。

まあ、釣れないから釣り人が入らないのだ。

それでも、あっちこっちと魚を捜して走り回ったべ。

そして、やっと見つけたライズ・・・

小さなヤマメを何匹か手にできたのだ。

d0164783_2252724.jpg


その中に、たった1匹だが明らかに輝きの違う魚が釣れたのだ。

d0164783_22565870.jpg


こいつがヒカリなのだよね、これから海へと下り、でっかくなって帰ってくるやつ。

d0164783_22595748.jpg


岸際にもチョロチョロと生まれたてのやつが居たから、ネットですくってみたのだ。

d0164783_2332544.jpg


お前はヤマメになるのか、ヒカリになるのか・・・

d0164783_2343651.jpg


少しずつでもいいから、仲間を増やしてけろよ、んで、オラのフライをくわえてけろ。(結局そうなるのかい!)
[PR]

by the-kingfisher | 2013-03-18 23:18 | フライフィッシング | Comments(16)

Commented by Blue Wing Olive at 2013-03-19 00:07 x
小さな魚といっても、その背景を思えば感慨深いものがありますね。
Commented by カバ at 2013-03-19 01:30 x
希望の光は確かに輝いていましたね^^)
三陸の渓に幸あれ♪
Commented by jbopper at 2013-03-19 08:36 x
こんにちは。
正に「希望のヒカリ」、見つかってよかった!
未来に希望が持てることって、大切ですよね。
釣りでもそうですし…(結局そうなる?笑)

Commented by いわなたろう at 2013-03-19 09:11 x
海に降るヒカリがいるとああ、大丈夫そうだ、って思います。
でもね、歴史の中では今回が初めてではなく何度もこんなことがきっとあったのだから・・・
自然は強いですね。
Commented by かずき at 2013-03-19 09:38 x
まさに『希望のヒカリ』。

魚体がキラキラ輝いているもの、
輝く未来が待ってるべ。

でっかくなって会えるといいですね(o^-')b !








Commented by SHIGEZO at 2013-03-19 18:56 x
まさに希望のヒカリですね。
昔、嫁と遠野に行った時、帰り道で気仙川を通ったことがあります。そこまで下流側じゃありませんでしたが、すんごいイブニングライズに遭遇しました。嫁も今でも覚えてるとの事。
時間がかかってもいい。元通りになることを願います。
時間がかかってもいい、元通りの風景に
Commented by the-kingfisher at 2013-03-19 19:42
Blue Wing Olive さん
こいつが海に下って、でっかくなって帰ってくるように願うのみだす。
魚も希望も大きくなるようにね。
Commented by the-kingfisher at 2013-03-19 19:44
カバさん
いつかカバさんを沿岸の美味い寿司やに連れてってみたいすな。
川も寿司屋も気に入るぞ~。
Commented by the-kingfisher at 2013-03-19 19:48
jbopper さん
正直どこにもヒカリが居なくてあきらめかけてたのですよ。
ホントに嬉しかったすよ。
希望を託して川に戻してきました。
桜鱒になってオラに釣れろよ~ってね。
Commented by the-kingfisher at 2013-03-19 19:53
いわなたろうさん
種が絶えるのって、自然より人の手によるものの方が大きいかもね。
ヒカリが帰ってきたら、居心地の良い川であるようにしなきゃね。
Commented by the-kingfisher at 2013-03-19 19:56
かずきさん
ヒカリがあふれりゃ明るい未来があるのだべね。
そんな日が来る日を待っとります。
オラを引きずり回すほどでかくなって欲しいもんだす。
Commented by the-kingfisher at 2013-03-19 20:06
SHIGEZO さん
もしや、住田の世田米あたりでは無かったですかい?
オラもあそこで、もの凄いイブニングライズを経験したすよ。
現実なのに夢のような・・・目の前のドラマが忘れられないです。
夢よ再び!願うのみだす。
戻ったら、呼ぶからね~。
Commented by 凡人代表 at 2013-03-19 23:12 x
おぉ~~!
なんて大きな尾鰭なんだ!
そして大きな輝く目玉! スバラシイ!
力強く生きようを俺たちに言っているようだぜ!ガハハ
Commented by 正平 at 2013-03-20 07:00 x
どこも知っている渓だけにショックを受けてしまいました。
それでも回復した方なんでしょうね。

ヒカリが居ましたか!!!
こいつが帰ってくる頃には傷跡一つない街になっててほしいものですね。
Commented by the-kingfisher at 2013-03-20 11:35
凡人代表さん
尾鰭のでかさは器のでかさの証だよね。
生きてるくせに、目の輝きが無いヤツって、たまにいるけど、人間くらいのもんだよね。
見習わねば!
Commented by the-kingfisher at 2013-03-20 11:41
正平さん
写真の四角には収められないほど、ひたすら続く光景だったのですよ。
まだまだ問題は山積みだけど、オラ達釣り人は釣りの面からでも活気つけられればね。