イカサマ釣り師、誕生!なのだ

最近、息子の様子がおかしいのだ・・・

明らかにって訳じゃないのだが、何となく分かるのだ・・・

部屋にいる時間が長くなったり、ふと、見せる暗い表情だったり・・・

何より本気で笑うことが少なくなってるような気がして。

何か悩みがあるようなのだ・・・

今までも悩んでることはあったよ。

嫁に愚痴っぽく打ち明けたり、それとなく喋ったりしていたのだが、嫁に聞いても、

『何だろね、何かあったようだね・・・』

今回は誰にも言わず、一人で悩んでるようなのだ・・・

オラも同じ年頃には、誰にも絶対知られたくない悩みって、あったからね・・・

たぶん・・・いや、間違いなく部活で何か悩み事があるようなのだ。

大会が近いこともあり、放課後の練習はもちろん、朝練でオラより早く出かけ、オラよりずっと遅く帰る毎日なのだ。

ひたすら頑張っても上手く出来ずに悩んでいるようだべ・・・



そんな、間もなく大会本番という日に、息子を釣りに連れて行こうと思ったのだ。

「今日、久しぶりにイカ釣りに行ってくるぞ、お前が中学に入ったら連れてく約束だったよな。今日一緒に行くか?」

『マジか~、行きて~!・・・でも、夜まで部活だよ・・・大会も近いし・・・』

「んなもん半日休んだって何も変わらんって。1分息止めてから顧問の先生に腹が痛いって言えばバレないって!」(ひで~親だな)



ってなわけで、震災以降、初の海釣りへと出かけてみたのだ。

d0164783_2055963.jpg


岸壁がまともに残る場所なんてほとんど無くてね、安全に釣りが出来る場所を調べて来てみたのだ。

お~し、スミ跡もしっかり残ってるじゃ。

d0164783_2124998.jpg


ほれ、これがエギってやつだべ。こいつをイカサマに抱かせてやるのだよ。

d0164783_218133.jpg


息子はルアーのキャスティングは初めてだったからね、明るい内に投げ方を教えてやったのだ。

「こうやって、後ろに振りかぶった勢いを利用して、竿を曲げて前に飛ばすのだよ。」

『マジか~、スゲ~!』

「んで、こうやって竿をしゃくっては止め、しゃくっては止めて、死にかけの小魚の様に動かして、今狙われたら逃げられませんよ~って感じでイカサマを誘うのだ、解ったか?」

『マジか~、早く釣りて~ぜ。』(マジか~、は息子の口癖なのだ)

陽が落ちてきたから、そろそろ釣れ始めるころだべ。

d0164783_2128040.jpg


ほ~れ、ズシッと乗ったべ。

こいつは良い型だべ。

『マジか~、イカが黒いぜ。』

「そりゃあイカがイカってる色だべ。」

『・・・・・・』

d0164783_21323955.jpg


『ん?なんか竿が重くなったよ・・・マジか~!!イカが付いてるよ!』

お~!初イカサマだじゃ、悪くないサイズだな。

d0164783_21383764.jpg


んでも、真っ暗になると、息子はすっかりキャスティングが出来なくなってしまったのだ・・・

エギが前に飛ぶことが少なくなってしまったのだよね。

後ろや真上、足下にエギが飛んでって、何個かエギをロストしてしまったべ。

「無理に投げようとするから飛ばねんじゃねえの?一度後ろで止めて、投げやすいようにやってみろ。」

d0164783_2325840.jpg


『マジか~、飛んだぜ~!』

「ほれみろ、行き詰まったら一度崩して組み立て直せば、ムキになって忘れてたことも思い出す事だってあるべ。何だってそうだべ。」

『マジか~、また来たよ。これで7対3だね。』

d0164783_2219375.jpg


「なぬ!?生意気に勝負するつもりか?オメーに一番釣れるエギを付けてやってんだよ!」

『また来たよ。これで同点だよ。』

「うるせ~!そりゃあ教え方がいいからなんだって。調子のんじゃね~ぞ!」

d0164783_22194625.jpg


そんな頃、嫁からメールが届いたよ。

【釣れてますか?帰りが遅くなってもいいように、二人で寿司でも食べに行ってきます。】

「おいおい、我が家の女組は寿司を食いに行くらしいぞ。」

『マジか~、んじゃ俺らも何か食って帰ろうぜ!』

「んだな、オメーはオヤジより釣りやがったし、十分だべ。」

d0164783_22333311.jpg


帰りに二人でラーメンを食ったよ。

寿司とラーメンじゃ差があるけどね、ま、財布の事情によるのだけれど・・・

美味いラーメンだったよ。

d0164783_22483024.jpg


帰りの車の中で、息子は寝言言ってたよ・・・

ププッ、こいつ、イカ釣ってる夢見てやがるな・・・



家について、みんなの前で言ってやったよ。

「お前、車の中でイカ釣ってる夢見てただろ~?寝言言いながら手が竿しゃくる動きしてたぞ。笑うの堪えるの大変だったんだからな!」

『マジか~!ウソだろ~!覚えてね~よ。信じらんね~!!』

家族みんなで大笑いしたよ。

涙が出るほど・・・

息子の本当の笑顔を久しぶりに見た気がして、また涙が出そうになってね・・・

嫁は笑ってるのか泣いてるのか解らん状態だったけど。

ほれ、明日も朝練だべ?イカ刺し食って早く寝ろじゃ!

d0164783_2320411.jpg

[PR]

by the-kingfisher | 2013-12-11 23:27 | その他の釣り