カテゴリ:フライフィッシング( 212 )

猫舌土方作業員の荒雄釣行記・・・なのだ



え?

せっかく岩手に来るのに釣り道具持って来なかったの?

だって荒雄まで行くチャンスだったのに。

んじゃ、ロッドもリールもフライもぜ~んぶ貸してあげるから行って見ないすか?

あ、ウエーダーが入らないね・・・

偏光グラスはオラの予備のこれじゃダメ?

あ、眼鏡かけてるからクリップオンかオーバーグラスじゃないとダメなのね?

え?偏光無しで行くって?

いやいや、荒雄は魚を見つけて狙うのも大きな楽しみの一つなのね、

安くてもあると無いとじゃ全然楽しさ違うから。

釣り”変”態が釣りに”行”くために選ぶメガネは変行グラスと言った方がいいんじゃないべか・・・

それって、誰なのよ?

なんか、ベストもバックも無いと、工事現場のオッサンが川に刺さってるように見えるけど。




d0164783_10470196.jpg


やっぱ、妙だす!

街中で見かける土方作業員が紛れ込んだような・・・

スコップじゃなくてフライロッド持ってるし~。




d0164783_10464040.jpg




さらに現場のオッサンが魚と格闘する姿は違和感が・・・



d0164783_10470185.jpg

安全第一の文字が見えないけど・・・

振り下ろすものはツルハシじゃなくてオラのロッドだす!

しかも、曲がってるし~。




d0164783_10465915.jpg

この現場のオッサン、いい加減誰か言えって?

そうそう、岩手に来たついでのtroutriverさんなのだす。

釣りの予定は無かったようだけど、せっかくなので誘ってみたのだ。



d0164783_10470247.jpg

道具も装備もぜ~んぶ貸すつもりだったけど、ウエーダーと偏光買わせちゃって申し訳ない・・・

なんなら燃えないゴミ袋ウエーダーで凌いでもらえば良かったべかね?(笑)

この魚、ネットはオラのだけど釣ったのはtroutriverさんね、いい魚だよ~。



d0164783_10465914.jpg

本当は、宮城のSHIGEZOさんも来る予定だったけど、都合が合わず来られなかったのだ、残念。

んでも、こんな物拾ったのだ・・・



d0164783_10464039.jpg


河原に落ちてる蛍光ペン、これってゴミ?

キャップを外せばガン玉が・・・

これってモロにSHIGEZOさんのパクリだじゃ!

残念ながら来られなかったSHIGEZOさんの念と思い、

胸ポケットに忍ばせて三人で釣ってる気分だったのす。(遺影かよ!)

d0164783_10464076.jpg

昼は贅沢にふきのとうで飯なのだ。

メニューに無いけど、あんかけラーメンね。

女将さん、一人でやりくりしてるから忙しくて、メニューに書いてたら作らなきゃないじゃん!だって~。

んでも、今日は二人だけだし作ってくれるって、ありがたや~。



d0164783_10463937.jpg




フーフー   ズルズル・・・

フーフー   ズルズル・・・寒い日はこれが温まるのだよね。

あれ?troutriverさん、ずいぶん時間かけて食ってるね。

フーフーフーフーフーフーフーフー    ズルズル・・・

もしかして、猫舌?

土方作業員のように厳つい姿なのに、笑える~!





この日の荒雄は水量が少し多めでライズは少なかったものの、

ユスリカの流下があったみたいで浅場に付いてる魚が多かったのだす。

そいつらを狙うのが、また面白れ~のだよね。

下から順に場を荒らさないように釣れれば数も出るのだが、

走り回られると魚が散る~!

休み休み釣るべし。


d0164783_10470175.jpg


初めての荒雄川、どうだったべね?

来シーズン、チャンスがあったらまた行くべし。




d0164783_10470044.jpg

もし、道具忘れても貸してあげるから。

あ、フライは時価でティペットは測り売りだけどね~(笑)











[PR]

by the-kingfisher | 2017-11-24 12:14 | フライフィッシング | Comments(0)

魚も人も、油断するべからず・・・なのだ


今シーズン山に川に出かけて歩いてると、何か季節の進み方が早い気がするのだ。

やたら木々の葉の色づきが早く感じられたり、渓流でペアリングする魚が早くから見られたり。

海だって、え!?もう既に?

なんて話も聞こえてきたりね。

ここ荒雄C&Rでも同じ事が感じられるのだ。

いつもは11月に入ってから、ペアリング行動が見られたのだけど、

今年は1ヶ月も早くからそれがあったのだよね。

養殖されて、管理釣り場へと放流された魚でもだよ。

以前聞いたことが有るのだけれど、魚にはその年の積算水温を予測する能力があるのだとか・・・

冬が厳しく水温が例年より低い年は、早めに産卵行動に入るってことなんだべかね?

まあ、人間っだって同じかもね、寒くなったら早めにストーブ出したりするだろうし。

もしくは・・・

隣でやってるヤツが居ると、吊られてやりたくなるかだな!

ってなわけで、今年の荒雄はあちこちで乱交状態なのだよね。



d0164783_13030423.jpg

ペアリングしてる魚は釣れないって良く聞くけれど、

確かにラブラブでくるくる回ってるヤツは釣れないかもね、

やる気満々だろうし・・・

食欲よりも性欲って感じだべ。

んでも、見てるといっつも同じ行動してる訳じゃなし、二匹が寄り添って流れに定位してるときもあるよね。

そんな時にヤツらの気に入りそうなフライを送り込んでやると・・・




d0164783_13122098.jpg

たま~に釣れる事があるのだ。

やる為には食わねばって感じだべかね?

さらに、ペアリングしてる所に邪魔が入って、邪魔者を追い払い一匹だけ取り残され流れに定位しているとき、

鼻っ面にフライを流しこむと結構な割合で釣れると思うのだ。



d0164783_13192141.jpg

思えば魚も人間も似てる所があって、

邪魔された腹いせに焼け食いって感じだべか?(デタラメ言うな!)

んでも、実際ペアリングしてるヤツらには、タイミングを見計らってキャストするとフライを銜えてくれる率が高まると思うのだ。

タイミングだけじゃなくて肝心なことは他にもあるけどね・・・



そんな、くだらな~い事を考えながら、魚を取り込みリリースしたとき・・・

後ろから声をかけられたのだ。

「もしかして・・・○○さん?」

ん?はて?オラの名前を知ってるその方は?

イケメンフライフィッシャー、

isseyさんじゃないですかい。

相変わらず足が長いね~。


d0164783_13400097.jpg

なして後ろ姿でオラと分かっちゃったの?

「はい~、ベストは変わってたけど、竿とかネットで・・・あと、なんか雰囲気で分かりました~。」

はっきり言わなかったけど、それって、変態のオーラを漂わせてるって事だべか・・・

んでも、気が付いて声をかけてくれるのは嬉しいもんだす!



今日の荒雄は平日なのに人だらけだよね~。

こんな時は、こういうところは、こうして。

じゃなきゃあんな所ではこうやったりしてね、生意気にもアドバイスしてみたのだ。


d0164783_14524788.jpg

それか、ドライで距離を置いて遠くから狙うかね。

常に何人もの釣り人が行き交う此処でも、シビアになった虹も距離を置いて狙うとあっさりと出てくれることは良くあることなのだ。

スレスレになった荒雄の虹でも、そうなんだっけ、このドライ使って見るといいかもよ。



オラもドライで油断している虹を掛けたのだが・・・・・・

後で気が付いた・・・

オラ自身も油断していたことに。

この日のisseyさんのカメラ、これなのだが・・・



d0164783_14594298.jpg

NIKON D3

装着レンズはNIKKOR28-300mm f3.5-5.6G

こんな凄いカメラだったとは・・・

オラからずっと離れた場所でカメラを構えるその姿に、遠くの虹を狙うオラを更に遠くから狙われていたなんてね。

風景写真でも撮っているのかと油断していたべ。

ターゲットに気づかれず、一瞬を切り取るスナイパーにやられてしまったのだ。

おにぎりの入ったコンビニ袋をそのまま腰に付けてる姿が間抜けなのだが(笑)

isseyさんはプロの写真家なのだが、いつの間にこんな良い写真に撮ってくれたんだべ。

来年はWPCワールドフォトグラフィック日本代表!の一人に選考されたんだと。

釣り人ならずとも、その独特の世界に吸い込まれそうな写真の数々・・・

一見の価値ありなのだ。


isseyさん、また、見かけたら声掛けてちょ~だいね、WPC応援してるからね!































[PR]

by the-kingfisher | 2017-11-10 15:19 | フライフィッシング | Comments(4)

荒雄のシーズン、懲りずに通うべし!なのだ


10月の始め、(また今更か!)今シーズン初めての荒雄川C&Rに行ってきたのだ。

曇天の空の下、10月からのお楽しみに心は晴れやかなのだすよ。


d0164783_10530659.jpg


今年は特別解禁の初日から日曜だったから、早くも放流された感じで魚影も結構あったのだ。



d0164783_10530823.jpg
ただし、荒雄橋の直下のポイントは、浅くなってしまったようで、ちょいと残念だけどね、

毎年少し変わるのはしょうがないべね。



d0164783_10532237.jpg

今回の放流はいい魚選別したんじゃないべか、ヒレが綺麗な魚が多いような気がしたのだ。

引きの強さも申し分なし、こりゃ楽しめそうだべ。


d0164783_10532299.jpg

と、思っていたのだが・・・

あぁぁぁぁ、

なんと、いきなりの事故発生だす!

6ピースロッドの2番目が・・・・




d0164783_10530741.jpg


晴れやかな心も一気に曇天だす。

落ち込む気分を変えるべく、ロッドを変えて挑むべし。

柔らかめのグラスロッドで走り回られると、腕にくる~。



d0164783_10530888.jpg

しかし、今年は既にペアリングしてる魚が多いような。

いつもだともうチョイ後にならないと見られないと思っていたけど、

今年はあちこちで見かけられたのだ。



d0164783_10532159.jpg

いつもなら11月に入ってからのペアリングしてる魚の必殺フライ、既に投入だす。



d0164783_10530779.jpg


ほれほれ、オラの目の前でいちゃつくんじゃね~。



d0164783_10530669.jpg

おっと、気が付けばもうこんな時間、ロッドを折ったことも忘れて夢中になっていたのだす。

最近は高速代節約のため、ほぼ一般道だからね、チョイと早めに帰らねば。

d0164783_10532211.jpg














・・・・・・んでんで、数日後の休みの日、またもや荒雄に刺さっていたのだ。



d0164783_01281503.jpg



今日は抜けるような(決して毛が、じゃないのだ)秋晴れの空なのだ。

澄んだ流れ、はじける水面、水しぶきが光彩の如く輝く様は、いやが上にもテンション上がるのだす。



d0164783_01322992.jpg


・・・ん?

あれは何ヤツ?

ふと、目をやると、河原に佇む一羽の鳥が・・・



d0164783_01320398.jpg


お~、フライのマテリアルに使われる・・・

いや、サギだよね、英名でヒーロンってやつがね。

魚が釣れるとこっちを気にしてるのが判るのだ。




d0164783_01320518.jpg



ホレホレ、どうだ~

欲しいか欲しいか?



d0164783_01320310.jpg

んじゃ、くれてやる代わりにお前のヒーロンコンプリートよこせじゃ。



d0164783_01320381.jpg

d0164783_01320433.jpg

d0164783_01320499.jpg

あのヤロ~、人間様をコケにしやがって・・・

次会ったらとっつかまえてコンプリートマテリアルにしてやるべか。

いいのだいいのだ、

オラの相手をしてくれるのは魚で十分だす。



d0164783_01322986.jpg


ロッドも折ったし、サギにもコケにされたけどね。



d0164783_01320463.jpg

楽しくてやめられね~もの。

懲りずにまた此処に来るもんね~。


d0164783_01322948.jpg








[PR]

by the-kingfisher | 2017-10-16 02:39 | フライフィッシング | Comments(18)

今更の・・・最終釣行記なのだ




この花が咲いていると、ここへ来るのも来年までのお預けなのだ。

朝夕すっかり寒くなって、林道に散らばる花の色気も少なくなり始めた頃、

道路脇にひっそりと佇む萩の花、

こいつが咲いていると、心の中に蛍の光が流れてくるのだ。



d0164783_13533340.jpg

閉店間際のスーパーで、欲しい物だけかき集めてレジに駆け込むようにね。

焦る気持ちが釣りを雑にするのだべか?

ここぞと思う場所でも何の音沙汰も無し・・・

たまに来ても食いが浅いのかバラしまくりだす。

時間はただ過ぎ、釣れない時間が時を長く感じるさせるような・・・

しかし、焦りが逆に時を早く進めるような、

時計を見ると、もうこんな時間だべ・・・

長いようで、あっという間に時が過ぎる不思議な感覚なのだ。


そうこうしてる内、無情にも雨・・・

寒さに震えてロッドを振るのだが・・・

なんか、魚の反応が良くなってきたような・・・



d0164783_14440367.jpg

葉っぱをしっとりと濡らす雨が寒さで弱った虫の足下滑らせるのだべか?



d0164783_14435002.jpg

あれほど食いが浅くてバラしまくりだった午前と別な季節のように、

お前ら午前は本気で食う気が無かったんじゃね~の?

尺ヤマメも雨に虫に惑わされ、お出ましだす。


d0164783_14440348.jpg

次は、来年逢えるべか?



d0164783_14440314.jpg

思えば解禁日は禁漁まで長いと思ったけど、

シーズンなんてあっという間だった気がするべ。



d0164783_14440247.jpg

こうして、オラも歳をとって行くのだよね。

思えば今より若い自分はこの先どこにも無いけれど、

積み重ねたもので賢く行かねばね!



d0164783_14440271.jpg

本当は、あと二度ほど釣りに行きたかったけど、

雨に予定に泣きつつも終了を迎えたのだす。

ちょっと寂しいような・・・






わけ無いって!

んだって、荒雄通いのシーズンが来るからね。

既に一回行ってきたもんね~。







[PR]

by the-kingfisher | 2017-10-06 15:31 | フライフィッシング

腐らず、諦めず・・・なのだ


早いもんで渓流シーズンも残り僅か・・・

良い感じで水量下がったべか?

と思ってても、再びの雨・・・

なかなかタイミングがうまく行かないのだよね、会社勤めはそんなもんだす。



d0164783_12030742.jpg



行けるときには無理をしてでも行くべきなのだ、

終わってからでは既に時遅しなのだよね。




d0164783_12063805.jpg

久しぶりの青空の下での釣りなのだが、魚のご機嫌はやや斜めだったべ。



d0164783_12120643.jpg
たまには出るけど、

良い場所でも反応無し・・・

そんなことを何度も繰り返し。

やっとのことで・・・




d0164783_12155778.jpg



オラの手元に寄り添うこの魚・・・




d0164783_12170709.jpg


やってて良かったと思うことがあるのだ。





d0164783_12173704.jpg

釣りに限らずいろんな事でね。



d0164783_12220200.jpg

沈黙の空気を突然破る尺越え山女、

駄目と思っていても、いつ、なんどき状況が好転するか判らないもんだす。




d0164783_12271846.jpg


腐らず、諦めず・・・





d0164783_12271827.jpg

続けていればきっと良いことがあると思うのだ。

林道に咲くハックルフライのような花と・・・




d0164783_13082405.jpg


ツリフネ草がもうちょい釣りに来いと言ってるようだったのす。(んなこと言うか!)




d0164783_13082429.jpg




[PR]

by the-kingfisher | 2017-09-16 13:15 | フライフィッシング

不運の後には幸運がやってくる・・・のだ!




雨はいろんな物を運んでくるのだ・・・

幸運だったり、不運だったり・・・

適度な雨は大地を潤し、草木を育て、森を育み、豊かな川の流れを成すのだが、

今年は梅雨明け以降の長雨と豪雨で、何度泣かされたべか。

前回の大雨で、みそ汁の流れる如く増水した川にキッパリと諦め、

不運のあとに訪れるかもしれぬ、幸運を夢見て毛針を巻いた数日後・・・

はたして、不運の後に幸運は訪れるのだべか・・・

しかし、またしても雨・・・

ススキの出始めた林道で、期待と不安を胸にウエーダーを履くのだす。





d0164783_22364604.jpg


河原には、大粒の雨で撃墜されたトンボの亡骸がごっそりあるのだ・・・

トンボにとっても今回の雨は不運だったべな。





d0164783_22521312.jpg

餌の取れないほどに増水させた大雨は、魚にとっても不運だったべども、

大型の餌がたらふく食える今は幸運となってるようだったす。




d0164783_22364888.jpg


山女ですら未だ、流れの緩い場所に避難するほど流心は白泡引いていたのだ。



d0164783_22364823.jpg


釣れる魚の腹の中にはトンボが入っていたのだ。

判りにくいだろうけど、真ん中近くにあるのがそれだす。




d0164783_22521460.jpg


前回は、オラの釣りが流され不運だったけど、(決して前回の記事じゃないので念のため)

今回は幸運が訪れたのだす。





d0164783_22364760.jpg


尺岩魚と、さらに・・・


d0164783_22364815.jpg


尺山女まで・・・



d0164783_22372268.jpg



まさに両手に花と言える幸運が訪れたのだ。




カッパの袖口から浸みた雨で、何とも気持ちわり~思いで車にたどり着くと・・・

落ち葉が間もなく訪れる禁漁を知らせていたべ。



d0164783_22364606.jpg

ベストとカッパとウエーダー、ちゃんと乾かして次の釣りに挑むべし。

禁漁までの残りの日々、悔いの残らないようにね。




[PR]

by the-kingfisher | 2017-09-09 00:16 | フライフィッシング

心の弱さを克服すべき・・・精神修行するのだ!


蒸し蒸し、ジメジメ・・・

梅雨が明けたにも係わらず、最近の長雨は鬱陶しいのだ。

特にこの日は不快指数MAXだったのだ。

天気予報は曇り予報で降らないはずだったのに・・・




d0164783_20152948.jpg






川に刺されば雨がポツポツとね、あ~不快で不愉快なのだ。

いや、待てよ・・・

不快も不愉快も原因は天気のせいじゃないんじゃね?

はて?何がこんなに憂鬱なんだべ・・・



d0164783_20142197.jpg

その原因の犯人とは・・・






コイツだ~!

凡人が岩手に来ていた為だったのだ。



d0164783_20142228.jpg


釣りに連れてけ連れてけとしつけ~んだから。

しょうがなく休みを空けてやったれば。

オメ~、毎度毎度雨雲まで連れてくんなって。

この時期来たって釣れないんだからな。

あ、ンでも良いヤツ釣れたぞ~。

早速後ろで呪いの言葉が・・・

「バレロバレロバレロバレロバレロバレロバレロバレロバレロバレロバレロバレロ~!」

バ~カ、そんな呪文誰に効くってや、ほれ、良い山女だす。




d0164783_20142200.jpg


どうだ~、ホレホレ、うらやましいだろ~。

「ケッ!そんなのまだまだ、俺はミラクルを起こす男だからな、」

d0164783_15140300.jpg



昼飯は味噌焼き握りを凡人の為に買っておいたよ、しかも三つも。

買っておかないと暴れ出しそうだったからね。しょ~がね~な~。



d0164783_20142333.jpg



え?なになに?

土産を買ってきたって?

・・・あ、カップラーメンね・・・

全く土地感無い土産ありがとさん・・・


d0164783_20142377.jpg

「バ~カ、知らね~のか、群馬で有名なサンヨー食品製だぞ!

しかも見ろ!

グンマちゃんの水で作ってやってんだ。立派な群馬土産だろ~、ガハハ!」



d0164783_20142341.jpg

はいはい、ま~今日は涼しくて暖かいラーメンとコーヒーは特に美味かったから許してやるべ。







相変わらず反応は少ないものの、たま~に魚が来てくれるのだ、

が、後ろからそのたび不吉な呪いがオラに襲い掛かるのだ・・・

「バレロバレロバレロバレロバレロバレロバレロバレロバレロバレロバレロバレロ・・・」

そんなチンケな呪文効くか!


d0164783_20142415.jpg



この後、凡人が珍しく魚をバラさずにキャッチしたのだ。

珍しいこともあるもんだ~。







d0164783_20142400.jpg


しかしだよ、このころから異変が起き始めたのだ・・・

こ、この手ごたえは!

明らかに大物!しっかりキャッチしてヤツに見せびらかしてやるべし!

暫くファイトした後、余分なラインを巻き取ってと、さあ、そろそろネットですくうべかね。




プチッ・・・
え”~!?マジかぁぁぁ・・・~!
何故だ、今のは余裕でキャッチ出来るやり取りだったのに・・・納得出来ん・・・

しかも尺ある山女だったかも知れん・・・んでも岩魚だったと思いたい、そうだよ、今のは岩魚だったに違いない・・・

そうさ、岩魚と思えば幾分気も落ち着くさ。

そんな落ち込むオラに凡人も慰めの言葉を掛けてくれたよ。

「いや~、さっきのデカかったな~、しかもありゃヤマメだったぞ、あのデカさは尺ヤマメだったろうな。いやいや残念でしたね~オホホホホ!」

ムッカ~!人の傷口に塩を塗り込み、更にタバスコまでかけてグリグリほじくるような言い方しやがって。





オラの心を癒すためにその日の晩はお気に入りの中華店へと出かけたのだ。

ここの冷やし鶏ソバが絶品なのだ。

限りなく透明、塩辛くないのに濃厚な鶏ダシスープ。しっかり腰があって超繊細な極細麺をスープに泳がせ麺をすすると、

大盛だって最後まで食い飽きない絶品のラーメンなのだ。

まるでオラの心のような料理なのだ。

あ、向かいに座るのは濁った残り汁にふやけた麺のような男が座ってるし・・・



d0164783_16413327.jpg













さあて、翌日は昨日のリベンジするべく一人落ち着いて川に刺さろうと思ったのに。




d0164783_20153184.jpg


目の前に居るのは・・・

バカです。


d0164783_20152872.jpg





バカです。



d0164783_20152937.jpg



大バカです。



d0164783_20331769.jpg


頭にお花が咲いてる超大バカです。


d0164783_20154811.jpg


あ~あ、せっかく一人で釣りまくろうと思ったのに・・・

コイツが居ると魚が釣れない気がしてくるから不思議なのだ。

が・・・

ほれ~、どうだ~。

尺あるぞ~。



d0164783_17235883.jpg


「全く・・・ゲストに対する優しさも遠慮も無い男だな。」

はい?ゲストなんて思ってませんけど~。ただ釣りを邪魔するオッサンだべ?

あ!撮影の邪魔すんな!


d0164783_20153003.jpg


スネた凡人は魚を掛けるたんびに呪いの呪文を唱えるのだ。

「バレロバレロバレロバレロバレロバレロバレロバレロ」

あ!マジか~!ホントにバラしたぞ。ちくしょ~・・・

一言もしゃべらずコーヒーだけ入れてればいいヤツなんだけどね~。




d0164783_17154738.jpg



不思議なもんで、呪いの呪文が効いてきてしまったようだべ・・・

大物掛けるもことごとくバラシてしまうのだ・・・

ヤツの執念恐るべし・・・

しかも、こんな時に限って凡人が山女釣ったりするんだよね。

ムカつく~。


d0164783_18063789.jpg


んでも、その呪文、自分にまでかかっちゃう所が笑えるのだ。

その日の貴重な良型、思いっきりバラシてやんの!



d0164783_15405012.jpg



最後の最後にやっとこさ・・・

超綺麗な山女がオラの手元に・・・

は~、癒される~。




d0164783_20154794.jpg


あ~、人に呪いを掛けようと思った凡人、結局自分にも呪いがかかって最後にバラシで終わったのね?

可愛そうだから、焼肉ご馳走してやったよ。




d0164783_20135305.jpg


冷麺だけじゃ足りなくて、ライスも食うって言ったから、普通に頼んでやったのに・・・

「半ライスじゃね~のか?俺に肉食わせない作戦か!?」

なんて言いやがって・・・



d0164783_20135308.jpg


その口に、喋れないほど豚タン詰め込んでやろ~か?

豚とディープキスしてろ!



しかし、オラもヤツの呪いにかかるなんてメンタル弱すぎなのだ・・・

次回までに精神修行せねばね!ズボラで厚かましい所見習ってやるのだ。覚えてろよ~。




















[PR]

by the-kingfisher | 2017-08-24 19:12 | フライフィッシング | Comments(18)

前沢牛を・・・釣りに行くのだ!



「今年も休みが合いましたら、是非とも遊んでやって下さい、そんなに甘いことじゃないかと思いますが・・・今年こそは尺山女を期待しとります。」

そんな、案内するオラに微妙なプレッシャーをかけてやってくるお方、

一年に一度の楽しみらしいので出来るだけ良い釣りはさせてあげたいのだがね、

行って見なきゃわからないし、やって見なけりゃもっとわからないし・・・

一応、厳しいことは承知の上で来て下さいませ・・・

ね、今や盆前釣行が恒例になりつつあるghodonさんが今年もやってきたのだ。



d0164783_11205700.jpg

オラはこの川が大好きなのだ、ghodonさんも同じで、あっちの川に行こうか、それともこっちに行くべか?と相談しても結局ここに落ち着くのだよね。

一日むったりロッドを振っても一度大物のチャンスがあるかどうか、

特に今頃になるとチャンスが来るかどうかもわからないのだけれどもね。

川の美しさと魚の綺麗さ、あの景色の中でロッドを振れる喜びがあるだけで十分と思えるのだ。






d0164783_11205992.jpg


が・・・う~ん、渋い・・・予想よりも渋すぎる。

たまに釣れては来るものの、厳しい釣りとなりそうだすな。



d0164783_11205915.jpg



一匹釣れては、しばらく沈黙・・・





d0164783_11205846.jpg



しかし、沈黙の後にいきなりチャンスがやってくるのだ。

あちゃ~、今の結構でかかったです!

やっちゃいました、は~・・・

いや、厳しい事はわかっていましたけどね、もうちょっと釣れるかと期待していたんですがね・・・は~・・・

ghodonさん、そんなにため息ばっかついてないで、ここはこれが普通の状況だからね。

そう言うオラもデカい山女手元でバラしたり・・・

全然悔しくないけどね、んだって、きっとスレだったもの、きっとそうに違いない!

ちくしょ~!!!




今年も岩手で尺山女はおあずけか・・・

今回はいけるかな~とちょっと期待してたんですけどね・・・は~・・・



まあ、ghodonさん、そんなにため息ばっかついてないで。

・・・・・・んじゃさ、一カ所デカい山女が付いてる場所あるから、そこ行ってみる?



マジですか!?なんて魅力的なお言葉、そりゃあ行くしか無いでしょ!



その代わり、何で最初っから此処に釣れてこなかったとか言わないっこね。

それと、もし、尺山女釣れたら前沢牛のおごり決定ね!



言いません言いません、もし釣れたら前沢牛よりもっと美味しいとこだって連れて行きますよ~。



お~し、んじゃダ~っと移動するべし!

もう川から上がっても良い時間に急ぎその場所へと移動するのだ。

たった一カ所のポイントを釣る為にね、パンクしないように気を付けながら、慎重に急ぐのだ。

え~と、この辺だったべか・・・

あ!ここ、ここ。ここに居るから是非前沢牛・・・

いや、尺山女釣ってちょ~だい。

下から慎重に、かつ丹念に探って行ったけど・・・

そう簡単には出ないもんだす。

あ!今何か覗きにきました!

食った~!

グリングリンとローリングする山女、ネットに無事収まった姿は尺の貫禄十分にある者だったべ。

ghodonさんがボソッと言った言葉、オラはちゃんと聞いてたもんね。

「本当に居たんだ・・・」

おいおい、ghodonさんオラがガセねた言ってると思ったの?

なんたってこっちは前沢牛がかかってるもんね!

どれどれ、なんぼあるって?これはいったんじゃね?

う~ん、残念ですが29.5です。

いやいや、そんなクネクネ曲がった状態でメジャーあてちゃって、

前沢牛かかってるんだから(しつけ~)キッチリ計らないと。

まっすぐにして、ほれ!ちゃんと尺あるじゃ!

これがghodonさんが釣り上げた前沢牛・・・じゃなくて尺山女だす!




d0164783_11205869.jpg

念願の此処での尺山女、おめでとさん。

さあ、んじゃ急いで街へとくりだすべし、前沢牛を食いにね、

釣ったghodonさんよりオラの方がウキウキしてるって?

いやいや、気のせい気のせい、全く平常心ですから~。

♪ま~えさわぎゅ~♪

♪ま~えさわぎゅ~♪

さて、いよいよ着いたよ、ここでたらふく前沢牛を食ってやるべし!



d0164783_11204213.jpg

って、あれ?

いつものホルモン屋に着いてしまったべ・・・

あ、そうだ、良い肉食うと腹壊す悲しい貧乏体質だったこと忘れてたべ。

オラがいつものホルモン屋にって変更したんだっけか。

ghodonさん、また来年もホルモンよろしくね~。











[PR]

by the-kingfisher | 2017-08-12 15:32 | フライフィッシング | Comments(12)

山女の知謀・・・なのだ




山女って、本当に賢い魚だと思うことが度々あるのだよね。

そんな事、誰もが知ってる事だろうけど、

そうは知りつつも、釣り人の予想を超えて賢さを痛感させられることが、今まで何度となくあったのだが。

最近では・・・ついこの前、一番良い時期を過ぎていよいよ夏本番、岩手でも35度の猛暑日を記録。

水量は平水よりも少~し少なめになっていたべかね?

流下する餌もだいぶ少なくなり始め、ライズを見かけるのも散発的になった頃・・・







d0164783_22455915.jpg


そんな頃になると、岩魚も山女も決まって反応が悪くなるのだよね。

んでも、オラは最近感じる事があるのだが、

岩魚はフライパターンを重視し、山女は流れ方を特に重視するのじゃないべかね?って。

付き場の違いもあるのだろうけど、比較すれば岩魚の方が流速の遅い場所に付いてるし、水面近くに浮いて流下物を待ってる事が多いようだし。

山女の場合は底の方に付いていて、上から流れてくる流下物に合わせて浮いて来るような気がするのだ。

岩魚よりも長~くフライの流れ方を見ているような感じだべか・・・

ま、オラが勝手にそう感じてるだけかもしれないけどね。

山女が餌の流れ方に過敏になってると思われる事があったのだ。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いかにも山女の付きそうな場所での体験なのだ。

水面から少し頭を出した岩に流れの筋が当たる場所、

ぶつかる流れは岩の上に小さな緩流帯を作り、左右に流速を早め分断される・・・そんな感じの場所なのだ。

岩の上の緩流帯に来るようにフライを流したが、ご不在だったようで・・・

その場所をあきらめ、2~3メートルも上だべか?流心にフライを落としたのだが、

その下でギラッと大型の魚影が見え、下流へと逃げられてしまったのだ。

「あちゃ~・・・気づかれてしまったべ。」

やっちまった感に腐りながらも、小さいのでも出るかもしれないと思い、再びキャストしたのだが・・・

またもや同じ事が起こったのだ、下流に逃げたと思ったが、岩の上の緩流帯でフライを銜えたのだ。

まさかの出来事にあわてたべ、弛んだラインを急いで回収するために足下に垂らしたラインが岩にひっかかり、

ロッドにラインが絡んだが、幸運なことにキャッチすることが出来たのだ。

余裕の尺越え山女・・・

多分、こいつは限られたレーンを流れる餌は決まってその場所にたどり着くと知っていたんじゃないべか。

餌を確認し、下流に先回りして緩流帯で待ち受ける、そうとしか思えない出来事だったのだ。





d0164783_00173046.jpg
釣られるほどに知恵を身につけ、老獪にして、知謀に長けた大山女・・・

オラは憧れと、尊敬の念を持って再び流れへと戻すのだす。

また、逢えることを願ってね。





d0164783_22263424.jpg








[PR]

by the-kingfisher | 2017-07-28 03:02 | フライフィッシング | Comments(16)

憑依の先は、誰?なのだ




おかげさまで、こんなオラでも毎年のように会いに来てくれる仲間がいるのだ。

今年も休みを取ってまでやってきてくれたのが、ちょうど七夕の頃だったのす。

渓では仙台の七夕祭りの飾りみたいな花が咲いていたのだよね。


d0164783_22135854.jpg



今日はお隣の宮城からやってきた、SHIGEZOさんと一緒に川に刺さるのだす!




d0164783_00202066.jpg


下界の予報は最高気温33度だったべか・・・

しかし、少し増水気味の渓は吹き抜ける風もさわやかで、むさいオッサン二人の暑苦しさを和らげてくれたのだ。(せっかく来てくれたのに、むさいとは失礼だな)

さあ、SHIGEZOさん、いつものようにじゃんじゃん釣り上がるべし!



d0164783_22154483.jpg

そう、いつもの様子なら、ここは瀬や肩に付いてることが多い川なのだが、

この日はちょっと違っていたのだ、

釣れる魚は全て巻きのポイントから釣れてきたのだ。



d0164783_22154504.jpg

なんか、今日は反応ちょっと渋めだよね。

SHIGEZOさんも巻きのポイントからの水揚げだす。



d0164783_22135870.jpg



んでも、心配は無用だったのだ。

日が高くなって、水面に日が差す頃になると、魚の付き場が瀬や肩に移ってきたのだ。



d0164783_22135880.jpg




お~、釣ってる釣ってる。

なんか、カンチョ~したくなる格好だね・・・(笑)



d0164783_22135772.jpg



腹が減ったのでお先に飯にするからね~。

この鶏五目のおにぎり、お気に入りなのだよ。




d0164783_00203179.jpg


SHIGEZOさん、うはうはモードで釣ってるべさ。

あ、またもカンチョ~したくなるような格好で・・・


d0164783_22154654.jpg


一昨年と違って、バラシやすっぽ抜けがほとんど無いね。



d0164783_22154623.jpg


稲荷を食えば・・・




d0164783_11055782.jpg




また水揚げしたのね?



d0164783_22154427.jpg


たぶん、下界は猛暑なんだろうけど、ここに居るとそんなことにも気が付かず、

むったりと釣りに没頭できるのだ。

あ、河原にはこんな物まで・・・

つまんで、食ってみたけど・・・

あんまり美味いもんじゃないね~、青臭くてすっぺ~!


d0164783_22135762.jpg


暗黙のルールのように、自然と一匹釣れたら交代、

って感じで交互に釣るのだ。

一投で交代って事も何度かあった気がするべ。

釣られて、スネてる岩魚だす(笑)

d0164783_22154359.jpg

いや~、SHIGEZOさん、今日は釣れましたな~。

んでも、オラの方がいっぱいバラしたし、すっぽ抜けも多かったよね。

何より最後の岩魚はでかかったのに写真撮る前に逃げられてるし・・・

SHIGEZOさんに取り憑いてた呪いがオラに憑依したんだべか・・・

最近弱くなってたようだけど、潜伏してたんだね・・・

恐ろしや~。



d0164783_22154475.jpg



今回も、頂きました。

ヘロヘロになって林道歩いて、車に戻れば・・・若返りの水が!

ドライでゼロって、縁起わる~・・・

しかし、今日は全く気にならないもんね。(いちいち気にすんな!)

ぷっは~!!!


d0164783_22154409.jpg



しかも、つまみまで用意してくれちゃって。

これ、うめ~んですけど!

見つけたら買っとくべし。


d0164783_22155035.jpg


あ、そういや釣りが好調すぎて、いつもの下ネタが出なかったですな・・・

次回は、荒雄だべか、いっぱい下ネタの花咲かせるべしね~。








[PR]

by the-kingfisher | 2017-07-12 11:11 | フライフィッシング | Comments(8)