”わんこ”は岩手の熱きBattle Food!なのだ

年末も押し詰まった今日、我が家総出で、と、ある場所へと出かけたのだよ・・・

今年最後の闘いを挑みに・・・

2階にある裏口から入ると、ちょいと薄暗くていかにも選手入場、といった気分でいやがうえにも胸の鼓動は高鳴るのだ。

d0164783_21345338.jpg


そして、さらに進むと・・・

d0164783_21385728.jpg


スポットライトに照らされてるかのごとく明るい、バトル会場へと入場するのだ!

d0164783_21423848.jpg


今日はわんこそば発祥の地、岩手の花巻市にある、老舗中の老舗、やぶや総本店へとやって来たのだよね。

ここでオラ達一家は、熱き闘いを繰り広げるのだ!

d0164783_21451666.jpg


リングでは薬味の刺身、筋子、なめこオロシやトロロ、塩辛などのセコンドが、

選手入場を今や遅し、と、待っているのだ。

d0164783_2152593.jpg


ほれ、お前ら、闘いの準備はできたか?

ちゃんとエプロンをするのだよ。

d0164783_21571867.jpg


準備ができたら、レフリーである、給仕のあねさんがルールの説明をするのだ。

「椀には汁入りの温かいそばが入れられます、食べ終わると間髪入れず、次のそばが入れられます。

時々薬味をつまみ、汁はあまり多く飲まないことがコツです。手持ちの椀に入ったそばは必ず食べていただきます。

手持ちの椀に蓋をしたら終了です。」

「それではよろしいですか?始めますよ。」

ついにゴングは鳴ったのだ・・・

d0164783_22122113.jpg


「ホイ!」だの「じゃんじゃん!」などの掛け声と共に、お椀にそばを入れてくるのだが、

味わって食えるのは最初の10杯くらいだべか?

お椀からそばが無くなる直後に次のそばが飛び込んでくるもんだから、顔面に汁が飛び散り、

そばはテーブルに散乱し、嫁などはズボンにそばをかけられてしまったべ。

んでも、これは闘いなのだよ、そんなの当り前だって!ぷぷっ、う~け~る~。

d0164783_22301310.jpg


息子には、オヤジより多く食うことが出来たら、好きな物買ってやるぞ。

なんて言ったから、思いっきり必死だべ。

んでも、オラも本気でいくからな。勝負の世界は甘くないのだよ。

d0164783_22354491.jpg


それにしても今回オラ達に付いた給仕のあねさんは、なかなかのやり手、だべ。

そばをつぎ足すスピードもさることながら、娘がギブアップで、椀に蓋をしたのだが・・・

「今入りましたよ・・・」の言葉に中を確認すると・・・あねさんは、すかさずそばを入れたのだ。

あぁ、勝負の世界は無情なり・・・入ったそばは必ず食わねばならんのだよ。

オラも一度やられたことがあったけどね。これも、人生の経験だべ。

あねさんがそばの乗った盆を入れ替える一瞬の隙に、そばを掻き込み蓋をし、相手の言うことを鵜呑みにしない事だべ。

ん~?大人になるって相手を信用しないことなの?って?

違うべじゃ、自分を信じることだじゃ!(そば屋で説教たれんなよ!)

d0164783_2256224.jpg


ここ、やぶや、では10杯でかけそば1杯分で、男性平均50杯、女性は平均40杯食べるそうな。

息子はアッパレ、53杯と大人並みに食ったのだよね。

オラは・・・62杯、まだまだ負けてられないべ。

お互い死力を尽くして闘った相手をたたえ合うべし。

最後にそば湯が出るけど、あ~、もう何も入らないのす・・・しばらくそばは勘弁だす。

d0164783_23153888.jpg


明日はきっと、そば色のう〇こが見られるじゃ。
[PR]

by the-kingfisher | 2011-12-30 23:30 | その他 | Comments(10)

たかがガン玉と言うなかれ・・・

ガン玉なんてどこの物でも変わりは無いべ。

ただ沈められれば良いも悪いも違いは無いって。

以前まではそう思っていたのだよね。

d0164783_2345488.jpg


んでも、今はそうは思わないのだ。

いろいろ使ってみるうちに、それぞれの違いを感じることが出てきたのだよね・・・

何をそんなハナクソみたいな小物に拘ってんのや?

んで、いったいお前さんは何を使ってんの?

今のオラのお気に入りのガン玉は、これだす。

Made in Englandの文字も誇り高き、ANCHOR社製のガン玉なのす。

d0164783_23534583.jpg


ドライフライオンリーならば、ガン玉なんてほとんど使うことは無いのだろうけど、

解禁間もなくや、荒雄のC&Rでニンフを使うオラにとっては、ガン玉はとっても重要な意味のある、大きな小物なのだすよ。

ANCHOR製のガン玉で気に入ってる点は、まず1つ目は丸いことね。(んなの当然だべ?)

いやいや、国産の餌釣り用?のやわらか・・・なるガン玉は、柔らかすぎて、多分溝を入れる段階でつぶれて歪んでる物が多いと思うのだよね。

特に岩手の解禁初期の極寒の中では、かじかんだ指でガン玉にティペットを挟むのに、歪んだやつはとっても扱いにくいのだ。

もう一つは、溝の深さね。

浅いとティペット挟みにくいし、噛みこみ浅くて外れやすくなるし、深すぎてもガン玉が開きやすくなるし。

左側は国産のコーティングされたガン玉だけど、ティペットの噛みこみがバラバラだべ?

決してわざとやった訳では無いのだよ。

コーティングの塗膜で溝が埋まったんだべ。

d0164783_0111682.jpg


そして、オラが一番ANCHORのガン玉を気に入ってる点は、硬さなのだすよ。

国産の餌釣り用?のガン玉は柔らかすぎて、キャスティングの衝撃でズレやすいのだが、

硬めのANCHOR製のガン玉はズレにくい(と思う)のだよね。

ただし、いかにANCHOR製でも、6番より大きいサイズは自重でズレやすくなってしまうけど、8番までならより、ズレにくいと思うのだよね。(あくまで個人的感想だす)

んでも、近所で扱ってる釣り具屋は無いので、

英国から遥々日本に来たところ、島根や愛知のショップから再び岩手の田舎まで旅してもらうのす。

あるとき、ショップの店員さんは言ったのす。「ANCHOR製のガン玉は在庫切れでして、同じ英国製のDINSMOREでもいいですか?」 と。

d0164783_0373726.jpg


え~と・・・ちょっとオラには使いにくくて・・・

「・・・そうですか・・・では取り寄せましょうか?」

きっと店員さんは何をそんなに拘るのか・・・変なやつ、なんて思ったんでないべか?

んだって、重さを測ると・・・こっちはANCHOR製ね。

d0164783_0451428.jpg


んで、こっちはDINSMORE製。

d0164783_046055.jpg


ほとんど同じ重さなのに、比べると・・・

緑のコーティングされたDINSMORE製は明らかに一回り大きいのだ。

多分鉛の純度か何かで質量が微妙に違うのだべ。

d0164783_048475.jpg


ティペットに複数ガン玉を付けることの多いオラは、サイズと重さのギャップがあると混乱してしまうべ。

この付けやすくて外れにくいANCHOR製のガン玉、とってもお気に入りなのだ。

d0164783_102748.jpg


んで、オラはこいつをちょいと加工して使ってるのだが・・・

それはまた別の機会にでもアップしてみるかな?

大したことじゃないので期待しないでけろ。
[PR]

by the-kingfisher | 2011-12-20 01:07 | 小ネタ | Comments(8)

荒雄で今シーズンのケジメをつけるのだ(動画追加なのだ)

荒雄川C&R区間の特別解禁期間も、いよいよ今年も今日で最終日なのだ。

今日はオラ一人なんだけどね、昨日の穏やかな天気と違って、寒~い小雨まじりの荒雄川なのだ。

やっぱ荒雄の天気はオラ一人には厳しいのね!?

d0164783_10415545.jpg


んでも、これしきの事に負けてられないべ、黙々と釣り上るべし。

お、また来たな、ストマックに水草いっぱい入ってるやつ。

多分、時折底あさって餌取ってんだべな、ケースドカディスの破片も入ってるべ。

d0164783_10525683.jpg


お前もかよ、今時気温低下すると、お前らのようなやつ、出てくるんだよな。

大きくなって、もっといい餌場に付けるように強くなれ!

d0164783_1056347.jpg


んで?いい場所についてるやつは・・・

d0164783_114229.jpg


ユスリカピューパだべ、#24~26くらいか?オラの使うサイズより3サイズ以上小っちゃいんじゃね?

しかも、ほとんどシャックだじゃ。

d0164783_11717100.jpg


あ~、寒さに震えて、雨に打たれながら冷たい握り飯を食らうのだ。

d0164783_1117235.jpg


お~し、粘った末にやっとこさ掛けたべ。

なかなかデカいんじゃないの?

d0164783_11251258.jpg


おや?お前さん流れに居るのが丸見えだじゃ。

んでは、狙わせていただきますよ・・・

d0164783_11271724.jpg


飯を食わねば元気も出ないべ。

んでも、お前が食ったのはFLYだったのす・・・すまんのう。

d0164783_11445785.jpg


禁漁に入った荒雄で、みんな今頃悠々と過ごしてんだべな?

また来シーズン逢いに行くからよ、まってろじゃ!

d0164783_11485765.jpg





初めて動画編集してみたけど、とっても大変なのね・・・オラはこの程度の編集でもアップアップだし。

おまけにセンスも無いし・・・

期待しないで見てやってけろ。
[PR]

by the-kingfisher | 2011-12-08 13:25 | 動画 | Comments(14)

荒雄の天気は人しだいなのけ?

さて、いよいよ荒雄の禁漁まであと2日。

運がいいことにオラは連休なのだ。

当然行くしかないべ、最後の悪あがきに。

今日はisseyさんだって荒雄に駆けつけてくれたし。

川に刺さってるだけで絵になるね~。

d0164783_16162012.jpg


寒さにビビッてネオプレーン履いて、着ぶくれしたオラとはエライ違うべ・・・

d0164783_16183925.jpg


んでも、今日はとっても穏やかで汗が出るほど暖かい日なのだよね、

オラ一人だと天気もイマイチの日が多いのに・・・

同行者が居ると荒雄も穏やかなのはなしてだべ?

d0164783_16471166.jpg


お~、いいニジなんでないの?

今日のニジは季節外れの陽気のせいであちこちに出回ってるんじゃね?

d0164783_1773636.jpg


お~!スレスレのニジのたまり場、百目木橋下でHITだじゃ!

ここでキャッチすんのは腕が必要だべ、遠くに刺さるラインがたまらんね~。

d0164783_17334932.jpg


時間も時間だし、isseyさんにとって今年最後に来てくれた魚なんだべね?

d0164783_17435492.jpg


また、来シーズンも一緒に川に刺さるべね。

d0164783_17523488.jpg

[PR]

by the-kingfisher | 2011-12-05 18:03 | フライフィッシング | Comments(8)