今は小さき姿でも・・・

我が家の周りの田んぼから、蛙の声がちらほらと聞こえ初めてきたべ・・・

川に着けばウグイスの声、季節は進んでるのだね・・・

梅の木にはマシュマロのような、和菓子のような・・・

美味そうに見えるのはオラだけ?

梅のつぼみがオラの食欲を刺激するのだよね。

d0164783_11261230.jpg


そんな日に、息子と共に川に刺さりにきたのだよね、

水が多くて、釣れるかわかんねえし、歩くのに危ないぞ・・・って言ったけど、

それでも行くと言って引かないべ。

んじゃ、まあ、ダメもとで行って見るべしと来てみたのだ。

なぬ!?ウエーダーがきつくて足が曲がらないって?

季節も進むけど、お前も成長してるのだね・・・

d0164783_1134244.jpg


流れが速くて、ただでさえ狭まったポイントにフライをとどめておくのが息子にゃ厳しいべ・・・

たるんだラインに魚が出るけど、そりゃ掛からないよな・・・

それでも、たまにマグレで掛かる魚に息子は興奮しきりだすね。

d0164783_11464952.jpg


いや、それは釣ったんじゃなくて、釣れてきたのだよ・・・

オヤジの不満をよそに小さなヤマメを逃してなるものかと、必死で取ろうとジタバタするのだ。

d0164783_11515755.jpg


あ、あ~!目を離した時、足を滑らせコケてるじゃ。

おまけに掴んだ葦の枯れ草で指をざっくり切ったようだし。

オヤジの唯一の獲物はずぶぬれ息子のみだす・・・

着替え持ってきてよかったべ?もう家にもどるか?

まだやるってか?ほほ~、その根性だけは認めてやるべし。

d0164783_1273423.jpg


ロッド振るたんびのトラブルに、オヤジの声もでかくなりがちで、判っちゃいるけど、言わずにいられないんだよね・・・

d0164783_1212411.jpg


息子が叫んでるべ、魚がいっぱい居るって。

ん~何処よ?何処にもいねじゃ。

何?ここかよ・・・あ~、確かに・・・

少しでもフライフィッシングに慣れさせ、でかい魚釣らせようと意気込むオヤジなのだが、

ただ川で遊ぶのが楽しいようだべ・・・こいつが尺超えになるのだよ。

d0164783_135116.jpg


あ~だこ~だと言わず、少し口を噤んでみるべか。

d0164783_131451100.jpg


帰ったら、新しいウエーダー買ってやっか。
[PR]

by the-kingfisher | 2012-04-29 13:38 | フライフィッシング | Comments(12)

プールのはしごは、ダイエット効果抜群だすよ。

さ・・・寒っ!!!

ちょっと前の春の陽気は何処さ行ってしまったのや?

葉っぱの付いてない枝の奏でる口笛は、釣れない時のBGMなのだよね・・・

そんな日なのだけど、今日はドライ向きの渓へと来てみたのだよ。

d0164783_11404535.jpg


なしてそんな寒い日にわざわざドライ向きの渓に来るってや?

そりゃあ、良いときは良い場所に刺さりたいべ?

そうじゃないときは気になる渓の様子も知りたいのだもの。

う~ん・・・ドライで頑張ったけど、1匹目はほとんど意地で釣ったようなもんだべ・・・

d0164783_1146583.jpg


瀬や巻きにはほとんど出てないようだし、冬の釣りへと戻してみるべし。

d0164783_120274.jpg


ライズしないにしても、何度かドライに出る日があった川では、少しは瀬や巻きに残ってるもの、

んでも此処はまだまだプールの底に溜まってるのだ・・・

羽物は入って・・・・ないね。

d0164783_12507.jpg


淵から淵へと、んでも淵の少ない此処では、結構な距離を歩かなければならないのだ。

d0164783_1214648.jpg


瀬から逃げる魚影があれば、ドライも期待したのだけど・・・

暖かい日の後だから、尚沈黙してるんだべか・・・

釣れる魚は見事に淵の底のみだす。

d0164783_12201287.jpg


いや~、今日は歩いた歩いた・・・

ネオプレーンウエーダーで長距離歩行は、発汗効果抜群だすね。

体重も少しは減ってるべか?

んでも、こんな日ほど、飯もビールも美味いんだよね・・・(運動した甲斐無し!)
[PR]

by the-kingfisher | 2012-04-24 12:29 | フライフィッシング | Comments(10)

妖艶なる姫の踊りに誘われて・・・なのだ

姫が踊れば心も躍る。

オラも魚も・・・

川原を歩くと、無数の姫が舞い上がるのだすよ・・・

お前ら今日出てきた訳じゃないべ?

暖かい日が続いたからね。

ヒメフタオカゲロウのスピナーが合コンするべとオラの周りを飛び交うのだ!

(一応調べたのだけど、間違ってたら教えてけろ)

d0164783_11203969.jpg


今日は数日続いた好天のおかげで、ネオプレーンのウエーダーの中が熱気でムレムレなのだ。

そろそろ普通のウエーダーに変えるべか?

d0164783_1128153.jpg


魚たちも姫の登場に思いっきり盛り上がってるみたいだべ。

d0164783_11382194.jpg


どれ?お前さん姫食ったのけ?

d0164783_114673.jpg


ん~?あまり姫は食われてないようだな・・・

姫が服を脱ぎたての裸の姿なら、よく食われてるようなのだけどね。(ダンって言えよ、イヤらしい言い方すんなって!)

今回もカワゲラが重要だったのだ。

いつも姫は思わせぶりだすね・・・(何のはなしや?)

d0164783_11573954.jpg


あ~・・・あとちょいで尺だったのに・・・おしい!

d0164783_121772.jpg


姫が合コンに来ると聞けば、集まるメンバーも増えるもんだす。

d0164783_1245598.jpg


お~!ついに来たのだ。尺あるのす。

d0164783_1271384.jpg


お前も姫に誘われて来たのけ?

姫は盛り上げ役に重要だすからね。(だから何の話してんのや!)

d0164783_12154242.jpg

[PR]

by the-kingfisher | 2012-04-18 12:17 | フライフィッシング | Comments(12)

時間限定タイムセール!なのだ

週間天気予報に、ズラッと晴れマークが並ぶと・・・

オラの心は此処にあらず・・・

仕事をしてても心は川へと・・・

冬が長いほど、春の訪れはより嬉しいもの。

そろそろドライでいけるんじゃないべか?

始まりの遅い川ほど一気に始まるもの・・・

あそこへと・・・行ってみっか!

d0164783_1394978.jpg


水温は・・・まだ低いね・・・

d0164783_13122920.jpg


ライズだって当然無いべ、ニンフで探るべし。

d0164783_13151313.jpg


う~ん・・・なんかいつもと違うのだ・・・

何が?インジケーターへの当たりの出かたが渋くて・・・

d0164783_1347392.jpg


ん~、先行者?いや、魚は居るし、流れにも付いてるやつもいるし・・・

どれ?何食ってんのや?

d0164783_13503081.jpg


あ~ん?見慣れないやつが居るね、お主、何者じゃ?蛍の幼虫なんだべか?

誰かこいつの正体知ってる??

d0164783_13533040.jpg


よ~く観察してみると、流れるニンフに付いてきながら、観察するように食らいついてるのだよね、

当たりが出にくいのはそのせいだべ。

d0164783_1474544.jpg


んでも、決してスレてるようじゃなく、何かを探してるようなきがするべ、

定位してるやつも、何となくそわそわしてるような・・・

昼も過ぎれば水温も上がってきたべ。

d0164783_1525173.jpg


お~?少ないけど、入ってるぞ、羽物が・・・

d0164783_14134916.jpg


河原のネコヤナギも芽吹きはじめたべ・・・

まるでポップコーンが最初にはじけ始めたように・・・

これから、ポコポコはじけるのかえ?

ライズもはじけて欲しいもんだべ。

d0164783_14214134.jpg


オラはドライのBOXを手にしたべ。

これから始まる災難も希望も受け入れるべく、パンドラの箱を開けるべし。(大げさなんだって)

d0164783_14444194.jpg


お~し、初ドライなのだ。

d0164783_151301.jpg


もう1サイズ上げても問題なしだな。

d0164783_1563525.jpg


あっちからも・・・

d0164783_15155744.jpg


こっちからも・・・

d0164783_15161967.jpg


ヤマメも・・・

d0164783_15172451.jpg


たった数時間で冬から春へと・・・

こりゃあ魚もオラもそわそわするの当然だよな。

d0164783_15192194.jpg


良型もお出ましだす。

d0164783_15232189.jpg


ほんの2時間ほどの夢は過ぎ・・・

再び春から冬へと戻ったのだが・・・

この川の”旬”はもうちょいだな!

なおさら仕事も手に付かないって・・・
[PR]

by the-kingfisher | 2012-04-13 15:40 | フライフィッシング | Comments(19)

葉っぱ、時々ヤマメ・・・なのだ

暴風雨も過ぎ、その後雪が降るほど冷え込み、今日は暖かくなるって行ってたから、

いいんじゃないの?今日は!

思いっきり期待して川に着いたら・・・

増水してらじゃ・・・

d0164783_22204379.jpg


水温6.6℃、上がってこの水温なら、十分ライズする可能性あるんだけどね、

如何せん水量多くてライズポイントもつぶれてしまってるのだよ。

んでも、魚達の活性は着実に上がってきてるべ。

d0164783_22271181.jpg


流れのあるポイントに魚も移動したみたいだし。

d0164783_22281552.jpg


岩魚も流れに出始めたようだべ。

d0164783_2231579.jpg


しか~し、調子のいいことはそんなに長く続かないのだよね。

気温が上がれば風が吹く、今の季節はしょうがないんだけどね。

にしても今日は、強すぎだべ・・・山がゴーーっと、うなり声上げてらじゃ。

d0164783_22343841.jpg


いや、葉っぱが流れてくること、これじゃあ魚もフライ見つけられないんじゃないの?

d0164783_22365838.jpg


葉っぱ釣っては・・・

d0164783_2238947.jpg


時々岩魚・・・

d0164783_22385487.jpg


葉っぱ釣っては・・・

d0164783_22393963.jpg


時々ヤマメ・・・

こいつはなかなかのヤマメだすね。

d0164783_22463442.jpg


風の合間にキャストできれば・・・

お~し、うまくいったべ。

d0164783_2247495.jpg


岩魚の良型だす。

d0164783_2251923.jpg


今日は魚の活性の高さに助けられたな・・・

次回もテンション上げていってみるべし!
[PR]

by the-kingfisher | 2012-04-09 23:41 | フライフィッシング | Comments(12)

ガン玉入れには、ボールペン!なのだ

電話で話しながら、嫁がなんかいらついてるべ。

メモを取りたくてもボールペンが使えないようなのだ・・・

電話が終わるなり、

「なんで我が家には芯だけ、とか、芯の無いボールペンがいっぱいあるわけよ!?」

と、嫁がオラを睨みながら吠えるのだよね・・・

「さ、さあ・・・(や、やべっ)なしてだべ・・・あっ!そうそう、そりゃきっとシノビイエコビトのしわざだべ!」

d0164783_1643677.jpg


と、嫁をうまく騙したことだし、(いや、思いっきりバレバレだって)

そりゃあ、オラがガン玉のケースに使うために分解したのだよ。

d0164783_1659479.jpg


なしてわざわざ、そんな事に使うのや?

んだってさ、よくあるガン玉のケースってさ、一度たくさん出しといて、それから必要な分を取り出すでしょ?

d0164783_171318.jpg


それって、結構めんどいのだよね。

それに、ケースの中でぶつかり合って、溝が閉じてるガン玉も出てきたりするし・・・

寒い季節はホントイライラすんだよね。

d0164783_176331.jpg


んで、オラは芯を抜いたボールペンにガン玉を入れてるのだが、

ボールペンならなんでもいいか?っつうと、そんなわけでもなく、オラの勝手なこだわりなのだけど。

まずは、本体と、先っちょが透明で中が見えることね。

中が見える方が何かと使いやすいしね。

そして、キャップが大きいこと、これは結構重要なのだ。

川ではフロータントの付いた指で扱うこともあるのだけど、ツルっと滑って紛失することがあるのだ。

小さいキャップは紛失防止に結んでみたけど、使いにくいのだよ。

d0164783_1721112.jpg


芯を抜けば大抵のボールペンは隙間が出来て小さいサイズのガン玉は中で漏れるのだ。

d0164783_17335214.jpg


んで、ネオプレーンをパンチで抜いたやつなんかをね、

d0164783_17344844.jpg


キャップに入れとけばいいのだ。

d0164783_17364039.jpg


ニンフのシステムに複数ガン玉を付けるオラは、フライパッチに一時的にガン玉乗っけるローゼットワッシャーと、

同じくフライも置いとく磁石なんかも付けといたのだ。

これで、寒い時期でもガン玉を一つ一つ落ち着いて付けられ、フライも無くすことなく結べるのだ。

d0164783_1883390.jpg


ベストのポッケに黒、青、オレンジ、赤、の順に小さくなるようにサイズ分けして入れとけば、

使いたいサイズのガン玉も、すぐ取り出せるし。

d0164783_18132692.jpg


ま、ようは、透明で、サイズによって色分けできて、キャップが大きくて、持ちやすければいいのだけど。

オラはセイラーのこのボールペンがお気に入りなのだす。

d0164783_17412696.jpg


こいつは透明、色分けできて、キャップが大きくて、おまけに本体が滑りにくいデザインだし、

d0164783_1746917.jpg


芯を抜いても詰め物無しに極小ガン玉が漏れないようになってたし。

d0164783_17482482.jpg


さらに使いやすくするため、キャップに滑り止めなど貼り付けとけば、尚いいんじゃね?

d0164783_17511751.jpg


8号より大きいサイズのガン玉は、出口を棒やすりで穴を広げとくべし。

d0164783_18175959.jpg


んで、あ~だこ~だと遠回りしたけど、結局ボールペンのケースは何が使いやすいかっつうとね。

中でガン玉が暴れて溝がつぶれないことと、一個づつガン玉を取り出しやすいことなのだ。

d0164783_17584519.jpg


そんなこんなで、いろいろ使いやすいボールペンを探して分解してきたのだけどね。

そんなオラのこだわりも、嫁には迷惑なだけなだべ・・・(そのまんまにしときゃ当然だって)

ガン玉入れには、誰が何と言おうと、ボールペンが使いやすいと、オラは思うのだ!
[PR]

by the-kingfisher | 2012-04-04 18:47 | 小ネタ | Comments(8)