ご挨拶・・・なのだ




それでは・・・




d0164783_9502546.jpg










皆様・・・




d0164783_9512674.jpg











よいお年を・・・




d0164783_954873.jpg






d0164783_9543552.jpg

[PR]

by the-kingfisher | 2013-12-30 09:55 | その他 | Comments(12)

今年のケジメは、箒でニジのお掃除なのだ!二日目

う~・・・今朝は随分と冷え込んだべ。

車の屋根がびっしり凍って、オラの洗車してない汚れた状態でも一瞬輝くのだ。

d0164783_20104879.jpg


ウエーダーのフェルトがカッチカチに凍ってて、歩くたんびにコツコツと革靴を履いてるかのような音を立てるほどなのだよ。

d0164783_20143873.jpg


今日は前日に変態かずき殿に案内して貰った場所に再び入ってみたのだ。

オラは箒川はたったの二日しか釣ってないし、入った区間もごく一部なので、あくまで変態の戯言として聞いてけろ。

ごらんの通り、オラが入った場所はポイントが細かく点在する川なのだ。荒雄川とはかなり渓相が異なるのだ。

昨日気が付いた事を今日に生かして釣ってみるべし!

d0164783_2019978.jpg


何より驚いたのは魚影の濃さだったべ。

おそらく、荒雄の3~4倍の魚影の濃さなのではないべか、いや、それ以上かもしれないべ・・・

場所によっては50cmと間隔を空けず、4~5匹が付いてる事もたまにあったのだ。

d0164783_20272243.jpg


んでも、荒雄の3~4倍釣れるかってえと、さにあらず。

ポイントによってはメチャクチャスレてるのだ。

d0164783_20314839.jpg


深場の底に付いてるヤツは、フライを沈められれば割と釣れるけど、瀬尻とかに居るヤツとか、フラフラとお散歩してる様なヤツは非常に釣りにくかったのだ。

d0164783_20392852.jpg


オラが思うに、荒雄より多い釣り人と、魚に接近しがちな渓相ってことに一つの理由があるのだべかね?

d0164783_2162638.jpg


荒雄だと近づきすぎると魚がスーっと逃げてくけどね、箒じゃ「釣れるモンなら釣ってみろ!」と言わんばかりに逃げないヤツが多かったのだ。

いや、荒雄にもそういうヤツは居るけど、割合としてね。

d0164783_2164866.jpg


ふ~・・・取り合えす、昼飯にするべか。いや、前日に目にしたこいつがどうしても気になってしょうがなかったんのだ。

d0164783_21105930.jpg


何々?スープ入り焼きそばとは・・・

d0164783_21125790.jpg


へ~、スープに焼きそばが入ってるのね?

d0164783_21141682.jpg


うめ~!

おっかなびっくりで並にしたけど、大盛りにすれば良かったす!

d0164783_2116594.jpg


んで、腹も満たしたところで箒のニジの話しに戻すべし。

箒のニジはフライをホントよく見てる印象だったべ。

d0164783_21222740.jpg


それはパターンよりも動きを重視していたような・・・

キンタマフライじゃ見向きもしないやつらでも、ノーウエイトのヘアーズイヤーで続けて釣れることが何度かあったべ。

荒雄じゃ、良い場所に付いてるヤツは、いかにニジの好むフライを鼻っ面に流すかってことに対し、

箒はポイントによって良く沈むフライと動きの良い軽いフライを使い分けると好結果だったのだ。

d0164783_21292914.jpg


ポイントにマッチしたフライを流すと、ニジの方から寄ってきてくわえることも何度かあったべ。

ただし・・・オラが一番驚いたのは、その学習力とエサとフライの見分け方だったのだよ・・・

d0164783_21352314.jpg


どんなにスレてても、これだけ魚影が濃ければエサを食わねば腹が減るべ。

数匹居るポイントにフライを流すと、一流しめで釣らないと他のヤツらまで見向きもしなくなるのだ。

d0164783_21512131.jpg


し・か・も・インジケーターへの当たりの出方が非常に短かったのだ。

一瞬ピクっとなるだけ、とか、全く反応しないことも良くあったのだよね。

オラはヤツらが近くによっても逃げないから、じっくりと食い方見させて貰ったよ。

すると・・・

フライを一瞬かじって、ペッと吐き出しやがったよ。

かじってエサかフライか見分けてるようだったよ、しかも、やっぱ、吐き出したフライは他のヤツも食わないことが多かったべ。

d0164783_227373.jpg


オラはフライの重さの選択と、

インジケーターとニンフの間のティペットのテンションに気を遣って釣ってみたよ。

より素早く当たりが出るように。

d0164783_22184868.jpg


イヤ、ホント、二日間とも楽しく釣りが出来たよ。

かずき殿に逢うことが目的だったけど、思わぬ体験ができてホント嬉しいよ。

来年も、変態の雄叫びを聞かせてちょ~だいね。



帰りはやっぱ雪の中を疾走したよ。

行きより降ってるし・・・

インジケーター凝視したせいで目がお疲れだったよ。

d0164783_22322290.jpg



[PR]

by the-kingfisher | 2013-12-26 22:35 | 動画 | Comments(18)

今更の・・・荒雄最終釣行なのだ

そういえば・・・

荒雄の最終釣行の記事のアップ、してなかったのだ・・・

ってな訳で、サラッとアップしとくからね。(今更かよ!)

d0164783_9403252.jpg


前回箒川のC&R区間に行ったことで荒雄と箒の違いも少し解った事もあるし。

荒雄川は広い川幅で目一杯ニジのファイトを楽しめるのだ。

d0164783_9451778.jpg


釣り人とニジとの距離の置き方も荒雄の方がロングになりがちだす。

ま、箒の全区間釣った訳じゃないけど、そんな印象だったすよ。

d0164783_9484298.jpg


ニンフの当たりの取り方も結構違ったよ、同じニジだからと考えてたオラはちょっと驚いたくらいだもんね。

d0164783_101773.jpg


ふ~・・・最終日くらいは土手でゆっくりと飯を食ったのだ、おにぎりとカップラだけどね。

d0164783_10151257.jpg


荒雄の良さと箒の良さ、それぞれあるけれど、次回の箒釣行二日目でちょっと触れてみるべかね。

じつは、動画編集で手こずってるのだよ、PCもオラもビジーとなってしまってね、すまんのう・・・

d0164783_10125930.jpg


荒雄は来年のシーズンオフまでお預けだす、楽しませて貰ったよ。
[PR]

by the-kingfisher | 2013-12-24 10:16 | フライフィッシング | Comments(8)

今年のケジメは、箒でニジのお掃除なのだ!初日

毎年の事だが、オラのフライフィッシング釣行は11月で終了なのだよね。

そりゃあ荒雄川が11月いっぱいでC&R区間が禁漁になってしまうからなのだ。

んでも、今年は12月に入ってからもフライが出来るとは・・・

夜も明けぬ内に東北道を南へと疾走するのだす。

d0164783_11183224.jpg


福島に入る頃には雪が視界を遮るのだが、この程度じゃ怯まないべさ!

d0164783_11393646.jpg


ふ~、4時間弱で到着したのは、栃木県にある、箒川C&R区間なのだ!

d0164783_1141284.jpg


何故にオラが栃木まで来て釣りをするのかって?

それは、この方のおかげ。

茨城の釣り変態かずき殿が案内を買って出てくれたのだよ!

アナタ、何故にサンタの格好で居るわけ?

d0164783_12101132.jpg


この方、さすが茨城の誇る変態だけあって、ここ、栃木の箒川にも詳しいのだ。

「午前は日の当たるここをやって、午後はあそこが日が当たり始めるから・・・」

と、オラに詳しく教えてくれたのだ。

d0164783_12373239.jpg


ほい来た~!

さすがだね、サクッとネットインだす。

d0164783_1243662.jpg


オラも釣らせてもらったもんね、かずき殿に指示されたポイントで。

嫁の心は読めずとも、箒のニジの付場は熟知してるべさ。

d0164783_12534045.jpg


昼もやっぱり案内されての食事だす。

釣り場も食事も案内されるって、なんて楽ちんなのだべ。

d0164783_12562130.jpg


え~と、便所ってどこにあるの?

「エバの所を右に曲がって・・・」

なぬ!?便所の案内でエバが出てくるってか!?

d0164783_12592689.jpg


んでも、オラはこっちの塩原豆蔵クンが気に入ってしまったけどね。

d0164783_1304010.jpg


美味いラーメンで体の温まったオヤジは再び冷たい川へと刺さったよ。

んでも、この釣り変態オヤジは最初から最後までアツい叫びをこだまさせてたよ。

釣っては、ウヒョ~!と叫ぶ変態オヤジ。

d0164783_131547100.jpg


バラシても、チクショ~!と叫ぶ変態オヤジなのだ。

d0164783_13165061.jpg


オラは人目を気にしながら釣ったもんね(笑)

ま、それも最初のうちだけね。

後半になったらかずき殿の叫びの無い釣りは、クリープの入ってないコーヒーのように思えたべ。(古!)

オラも負けずに叫ぶべし!

ほれ!そこだ!

d0164783_13332259.jpg


ネットが小せ~な、入るってか?

d0164783_13343373.jpg


やったべ!さすが変態の鏡、ミラー、オブ、ヘンタイだじゃ!

d0164783_13354987.jpg


このニジも、アナタほどの変態に釣られるならば、本望というものだべかね。

d0164783_13403839.jpg


しっかし、最初から最後まで笑わせてもらったべ。

この時期フライが出来たことと、初めての川で釣りが出来たことはもちろん、

かずき殿と川に刺さったことに感謝するのだよ。

楽しい釣りをありがとね!


[PR]

by the-kingfisher | 2013-12-17 13:46 | 動画 | Comments(16)

イカサマ釣り師、誕生!なのだ

最近、息子の様子がおかしいのだ・・・

明らかにって訳じゃないのだが、何となく分かるのだ・・・

部屋にいる時間が長くなったり、ふと、見せる暗い表情だったり・・・

何より本気で笑うことが少なくなってるような気がして。

何か悩みがあるようなのだ・・・

今までも悩んでることはあったよ。

嫁に愚痴っぽく打ち明けたり、それとなく喋ったりしていたのだが、嫁に聞いても、

『何だろね、何かあったようだね・・・』

今回は誰にも言わず、一人で悩んでるようなのだ・・・

オラも同じ年頃には、誰にも絶対知られたくない悩みって、あったからね・・・

たぶん・・・いや、間違いなく部活で何か悩み事があるようなのだ。

大会が近いこともあり、放課後の練習はもちろん、朝練でオラより早く出かけ、オラよりずっと遅く帰る毎日なのだ。

ひたすら頑張っても上手く出来ずに悩んでいるようだべ・・・



そんな、間もなく大会本番という日に、息子を釣りに連れて行こうと思ったのだ。

「今日、久しぶりにイカ釣りに行ってくるぞ、お前が中学に入ったら連れてく約束だったよな。今日一緒に行くか?」

『マジか~、行きて~!・・・でも、夜まで部活だよ・・・大会も近いし・・・』

「んなもん半日休んだって何も変わらんって。1分息止めてから顧問の先生に腹が痛いって言えばバレないって!」(ひで~親だな)



ってなわけで、震災以降、初の海釣りへと出かけてみたのだ。

d0164783_2055963.jpg


岸壁がまともに残る場所なんてほとんど無くてね、安全に釣りが出来る場所を調べて来てみたのだ。

お~し、スミ跡もしっかり残ってるじゃ。

d0164783_2124998.jpg


ほれ、これがエギってやつだべ。こいつをイカサマに抱かせてやるのだよ。

d0164783_218133.jpg


息子はルアーのキャスティングは初めてだったからね、明るい内に投げ方を教えてやったのだ。

「こうやって、後ろに振りかぶった勢いを利用して、竿を曲げて前に飛ばすのだよ。」

『マジか~、スゲ~!』

「んで、こうやって竿をしゃくっては止め、しゃくっては止めて、死にかけの小魚の様に動かして、今狙われたら逃げられませんよ~って感じでイカサマを誘うのだ、解ったか?」

『マジか~、早く釣りて~ぜ。』(マジか~、は息子の口癖なのだ)

陽が落ちてきたから、そろそろ釣れ始めるころだべ。

d0164783_2128040.jpg


ほ~れ、ズシッと乗ったべ。

こいつは良い型だべ。

『マジか~、イカが黒いぜ。』

「そりゃあイカがイカってる色だべ。」

『・・・・・・』

d0164783_21323955.jpg


『ん?なんか竿が重くなったよ・・・マジか~!!イカが付いてるよ!』

お~!初イカサマだじゃ、悪くないサイズだな。

d0164783_21383764.jpg


んでも、真っ暗になると、息子はすっかりキャスティングが出来なくなってしまったのだ・・・

エギが前に飛ぶことが少なくなってしまったのだよね。

後ろや真上、足下にエギが飛んでって、何個かエギをロストしてしまったべ。

「無理に投げようとするから飛ばねんじゃねえの?一度後ろで止めて、投げやすいようにやってみろ。」

d0164783_2325840.jpg


『マジか~、飛んだぜ~!』

「ほれみろ、行き詰まったら一度崩して組み立て直せば、ムキになって忘れてたことも思い出す事だってあるべ。何だってそうだべ。」

『マジか~、また来たよ。これで7対3だね。』

d0164783_2219375.jpg


「なぬ!?生意気に勝負するつもりか?オメーに一番釣れるエギを付けてやってんだよ!」

『また来たよ。これで同点だよ。』

「うるせ~!そりゃあ教え方がいいからなんだって。調子のんじゃね~ぞ!」

d0164783_22194625.jpg


そんな頃、嫁からメールが届いたよ。

【釣れてますか?帰りが遅くなってもいいように、二人で寿司でも食べに行ってきます。】

「おいおい、我が家の女組は寿司を食いに行くらしいぞ。」

『マジか~、んじゃ俺らも何か食って帰ろうぜ!』

「んだな、オメーはオヤジより釣りやがったし、十分だべ。」

d0164783_22333311.jpg


帰りに二人でラーメンを食ったよ。

寿司とラーメンじゃ差があるけどね、ま、財布の事情によるのだけれど・・・

美味いラーメンだったよ。

d0164783_22483024.jpg


帰りの車の中で、息子は寝言言ってたよ・・・

ププッ、こいつ、イカ釣ってる夢見てやがるな・・・



家について、みんなの前で言ってやったよ。

「お前、車の中でイカ釣ってる夢見てただろ~?寝言言いながら手が竿しゃくる動きしてたぞ。笑うの堪えるの大変だったんだからな!」

『マジか~!ウソだろ~!覚えてね~よ。信じらんね~!!』

家族みんなで大笑いしたよ。

涙が出るほど・・・

息子の本当の笑顔を久しぶりに見た気がして、また涙が出そうになってね・・・

嫁は笑ってるのか泣いてるのか解らん状態だったけど。

ほれ、明日も朝練だべ?イカ刺し食って早く寝ろじゃ!

d0164783_2320411.jpg

[PR]

by the-kingfisher | 2013-12-11 23:27 | その他の釣り