突撃!隣の昼ごはん・・・なのだ(何のパクリだよ)

岩手もやっと、暑くなってきたのだ。

水量もだいぶ下がったようだし、のんびり川へと行ってみるべか。

林道の車止めには4~5台の車が止まってるべ・・・

時間も早くないし、歩くのもそこそこに刺さってみるべし。

d0164783_2241223.jpg


一度流して出ず、2度3度、時にはもっとフライを流さないと出ては来ないすな。

d0164783_22494845.jpg


おいおい、ホントはご在宅だべ?

しつこく呼び出して、やっと顔を出すのだよね。

d0164783_22545297.jpg


怪しい者では無いのだす、ドアを開けてちょうだいな。(いや、思いっきり怪しいべ・・・)

d0164783_22592690.jpg


おっと、ドアの向こうから、なかなかのイケメンが顔を出したのす。

d0164783_232105.jpg


お前さんの昼ごはんは何だったのや?

ん?ケースドカディスがほとんどかい、浮き物はほとんど食ってないってか?

さては、フッキングしたとき少しゲロったな?

何度もライズしてたの、ちゃんと見ていたのだよ。

d0164783_2381084.jpg


そうそう、この先尺物のお宅があったよね。

お宅訪問してみるべか。

お~し、やっぱご在宅だったすな。

奥まったところの家だったけど、素直に出てきてくれたのだ。

d0164783_231291.jpg


また、抜き打ちでドアをノックするので、居留守使わずちゃんと顔出してちょうだいね!
[PR]

by the-kingfisher | 2014-05-31 23:17 | フライフィッシング | Comments(20)

大きな川の小さな変化を見逃すべからず・・・なのだ

前日に続いて、今日も雨だったすよ・・・

d0164783_14284952.jpg


んでも、昨日の教訓を生かすべく、今日は大きく違うことがあったのだよ。

何が違うのかって?

それはね・・・

流されないように、小さな川に刺さってみたのだす。(なんじゃ、その程度の違いかよ!)

d0164783_1437051.jpg


いや、まあ、昨日は居るはずのヤマメが全く出なくてね、

たまにはヤマメの顔も見てみるべか・・・と思ってここに刺さってみたのだすよ。

振り返ればひと月くらいヤマメアップしてないもんね。

d0164783_14462235.jpg


小さな川での釣りって、大物が居る場所は割とわかりやすいもんだべかね?

d0164783_14551313.jpg


確かにそうかもしれないね、んじゃ、大きな川で大物が付く場所って、どうなんだべね?

d0164783_14581627.jpg


比べてみると、両方それなりの理由があると気が付くことがあるのだよね。

d0164783_151010100.jpg


何故にそんなことを言い出すのかって?

う~ん・・・なんというか、大きな川で釣ってると、見た目の広さにだまされて、小さな事を忘れがちになってしまうのだす。

条件が悪かったりすると尚更ね。

d0164783_15172116.jpg


その場で気が付きゃいいのだが、後から気が付くことが多いので困ったもんなのだ。

それって、オッサンの筋肉痛が、当日じゃなく翌日に痛くなることと関係あるのだべか?(ある訳ね~だろ!)

d0164783_15211244.jpg


明日、その気が付いた事を確かめに行きたいのだけどね・・・

残念ながら勤務なのだす。しかも、天気は回復、気温も上がるでしょう・・・って天気予報のネ~チャンが言ってたよ・・・

間が空くほどに、その理由を忘れがちになってしまうんだよね。

「あれ?なして筋肉痛なんだべ・・・」って感じでね!(そっちの理由かよ!)

d0164783_15451517.jpg

[PR]

by the-kingfisher | 2014-05-27 16:00 | フライフィッシング

気分はまるで、修行僧・・・なのだ

昨日も、一昨日も、そのまた前の日も、天気が良くて暑い位の釣り日和だったのだけどね、

オラが釣りに行く日の前日から雨が降り出したのだよ。

d0164783_21445767.jpg


おまけに気温も10度を切る寒さなのだす。

川に着いたれば、増水と雪代で前途多難の予感がするのだ・・・

d0164783_21573100.jpg


何もこんな日にわざわざ川に刺さりに来なくたっていいんじゃね?

いやいや、今日釣りをするために、前回の休みをつぶして頑張ったんだもの・・・

行かずに後悔するならば、行って撃沈される方がよっぽどマシってもんだす。

d0164783_22244268.jpg


雨は一向に弱くならないよ・・・

オラは滝に打たれる修行僧の気分だす。

しか~し、雨だけじゃない、頭上で雷が鳴り響いたのだよ。

平地の雷は、遠くから次第に近づいて来るけど、山の雷は、いきなり真上で発生することがあるからね。

冗談じゃないって、滝に打たれるならまだしも、雷に打たれたらシャレにならねえもんね。

しばし木陰で待機だす。

d0164783_223312.jpg


さてと、雷も止んだべか・・・

なんとか魚の顔が見たいもんだべ。

ゴンゴンの流れの対岸の、小さな巻のポイントを狙うのだす。

ドラッグがあっという間に掛かって大変なのだ。

d0164783_22381269.jpg


お~し、なんとか魚の顔が見れたのだ。

d0164783_22442694.jpg


巻に3秒フライを留めておくのは至難の業だす、枝とか岩にティペット乗っけて魚を引き出してみるべか。

d0164783_225156100.jpg


体重の重いオッサンならば、強い流れにも負けねんじゃん~のって?

いやいや、幅がある分、水の抵抗が増すのだす。

靴底の砂がドンドン流されて、立ってるのも一苦労だよ。

d0164783_22564218.jpg


流れが速くて、釣れた岩魚が水面を水切りの石のように跳ねながらやってくるのだ。

d0164783_22591142.jpg


苦労して出したヤツだす。

大変だった分、嬉しさ3割増しなのだ。

d0164783_238799.jpg


あ~・・・ここは上流に行くことはあきらめたすよ。

高巻も渡ることもできね~もんね。

魚を見られただけでも十分だす、早めに帰って増水用のデカフライでも巻くべし!

d0164783_23123535.jpg

[PR]

by the-kingfisher | 2014-05-24 23:18 | フライフィッシング | Comments(12)

釣り変態の五月病・・・なのだ

5月も中旬になると、

しだいに行きたい川が増えてくるのだよね・・・

あそこの川のあの流れ、今年もそろそろ良い感じになってるべな・・・

いや待てよ、今年は雪が多いべから、先にあっちの川に行ってみるべか?

しかし、下流がまだ水量多いっけからね、まだちょっと早いべか・・・

なんて、勤務中にも関わらず、そんな事ばっか考えてしまうのだよね。

5月は罪なヤツなのだ。(オメーの問題だべ!)

d0164783_23442465.jpg


林道歩いてて、川をヒョイと覗くと、魚影が見えたのだ。

どれどれ、上手くいくべか・・・

お~!やべ~、掛かっちまったべ。

d0164783_22555488.jpg


んだって、この高さだよ、引き上げるのに苦労したのだ。

d0164783_22595868.jpg


よ~いしょっと!

林道で手にする良型岩魚は不思議な画だす。

d0164783_2314016.jpg


う~ん・・・新緑が気持ちいいのだ。

この季節の山の香りは、鼻の穴が広がるほど吸い込みたくなる爽やかさなのだ。

d0164783_2395938.jpg


お~し、端の端から引き出したのだ。

d0164783_23252755.jpg


ふと、川原を見ると可憐なニリンソウが咲いているのだす。

d0164783_23483371.jpg


お~!コイツもなかなか、水量多めな分、引きも強くて楽しませてくれるのだ。

d0164783_23331392.jpg


おっと、こっちはカタクリが咲いてるべ。

d0164783_23495317.jpg


なぬ!?こっちは・・・シイタケ?シイタケに見えるんですけど・・・

d0164783_23395274.jpg


今日の昼飯はこれだけなのだ。

ダイエット?い~や、単に家にこれしか無かったのだ。

コンビニ寄れって?んだって、ウエーダー履いたまま家出てきたんだもの、こっぱずかしいべさ。

d0164783_2352197.jpg


ありゃ、期限が切れてるべ・・・

いや、消費期限なんて単なる目安、缶物なら半年は余裕だす!

d0164783_23542437.jpg


魚はまだ流れには多く出てきてないようだね。

d0164783_23574831.jpg


巻きのポイントから岩魚を引き出すべし。

d0164783_23585573.jpg


むむ・・・なんと美しや・・・

d0164783_024850.jpg


おっと!尺あるね、お前も美しや・・・

美しくないのはオラだけだす。

d0164783_034221.jpg


五月の輝く渓に刺されば、釣り変態じゃなくとも、再び川に刺さりに行きたくなってしまうのは当然だって。

d0164783_0193689.jpg


午後になったら、雪代が入ってきたので終了としたよ。

d0164783_0115865.jpg


行けば行くほどまた行きたくなる・・・

こうしてる間にも川で魚が手招きしてるように思えるのだ・・・

変態釣り師の五月病・・・やっかいだすね。

んでも、みんな分かるよね?分かると言ってくれ~!
[PR]

by the-kingfisher | 2014-05-17 00:36 | フライフィッシング | Comments(26)

四畳半アントを巻いてみるべし・・・なのだ

今回はオラの初めてのタイイング記事なのだ。

まあ、ハッキリ言って、人様に見せるには至らない所が多すぎるのだけどね・・・

それでも良ければ、見てちょうだいな。

オラのアリンコのパターン、四畳半アントを巻いて見るのだす!

フックはティムコの212Yを使ってるよ、似たようなフックでも問題ないけどね。

黒のスレッドで下巻きして、ストレッチフロスを取り付けるのだす。

フロスの色はタンなのだ。黒でもいいけど、タンは巻き上がったときの半透明感が好きで使ってるのだす。

d0164783_21474943.jpg


んで、アントのケツの幅を決定するために、スレッドで小さなコブを作っておくのだす。

ストレッチフロスは巻き重ねるほどに、滑ってしまって、平らに潰れてしまいがちだからね。

小振りでプリッとしたケツを巻くには、このコブが大切なのだすよ。

d0164783_21562778.jpg


ストレッチフロスをグリグリと巻くのだ、欲張って巻きすぎると最後にフロスが、ズッコケてしまうからね。

この程度が良いと思うよ。

コブの部分で巻き止めるのだ。

d0164783_224574.jpg


レッグとなるブラックのディアヘアを6本、ちょっと長めに取り付けるべし。

d0164783_2253768.jpg


そいつを、片側3本、こんな形になるよう止めるのだす。

d0164783_2291529.jpg


インジケーターとなるエアロドライウイングを取り付けて、

ハックルを巻く部分をスレッドで平らにしておくのだ

前側のインジケーターの根本はしっかり直立するよう、根本を巻き上げておくのだ。

d0164783_22181166.jpg


んで、ハックルを巻いて、インジケーターを適度な長さに切って出来上がりなのだ。

ただし、後ろ側のインジケーターはあまり短く切らない事ね。

重さのあるケツの部分を支える長さが必要だからね、

沈む部分をキッチリ支えることで、毎キャストごとに姿勢を安定させることができるのだ。

d0164783_2225104.jpg


この四畳半アント、ドライとしてはチョイと重めのフライなのだよね。

全体的に重いフライは、沈みやすくて使いにくくなるもんだけど、

重い部分をそれ以上沈まないよう工夫出来れば、重さを味方に出来るフライが出来るのかもね。

フライの自重で長いティペットがターンしやすいし、それは上手く使えばコントロールしやすくなるし。

狭~い枝のトンネルの奥の奥までフライを届けることも可能になるのだす。

この四畳半アントはね、どんな場面でも良く釣れるってフライじゃないけど、この場面ならコイツの出番!

って時があるのだす。

さんざん手前味噌な事ばっか言ってるけどね。

フライは使い分けが大切だと思ってるのだよね。

気になったら、巻いて見てけろ。(誰が巻くか!こんな変な名前のフライ)

d0164783_22555210.jpg

[PR]

by the-kingfisher | 2014-05-11 23:00 | 小ネタ | Comments(21)

昼と夜の間には・・・なのだ

それは・・・

魔物が潜む時なのだ・・・

連休中は釣りに行かないつもりだったけど、今日は訳あって、オラ一人で夕飯を食わねばならなかったのだよね。

んなもんで、イブニングの釣りに来てみたのだ。

そう、昼と夜が入れ替わるとき・・・魔物が顔を出す時間の釣りなのだす。

d0164783_2303656.jpg


んでもね、ライズの釣りじゃないのだ、こんなストリーマーを結ぶのだよね。

d0164783_2312972.jpg


ドロッパーも結ぶのだ、夜光の目玉で魚を誘うべし。

d0164783_2341411.jpg


濡れるとワカサギに見えなくもないべ?

魚が何と見るかは知らんけどね。

d0164783_2353987.jpg


闇に沈む僅かな時間、ラインに流れの重さを感じながら川へと刺さるのだす。

今日は何も起こらないべか・・・と思った頃、ググググ・・・とロッドが引き込まれたのだす。

やったのだ・・・

ヨンマルとチョイのアメマスだす。

d0164783_23212398.jpg


さて、家族よりも早く家に戻らねば・・・

シレッとした顔で迎入れるのだす。

んでも、息子にだけはコッソリ教えてやるべし・・・ウヒヒ・・・

d0164783_23341094.jpg

[PR]

by the-kingfisher | 2014-05-04 23:35 | フライフィッシング | Comments(22)