タコ親父のイカ釣り物語。 その1・・・なのだ!

前日睡眠時間をまともに取れなかったっつ~のに、

早朝から電話鳴らす迷惑なヤツって居るんだよね~・・・

ヤツ 「岩手に行くなら新幹線だな。片道9000円くらいだぞ。」

オラ 「何?そんなに安い訳無いじゃ、ちゃんと調べたのか?」

ヤツ 「あれ?新幹線って特急券と乗車券が必要なのか?知らんかたぜ、ガハハ!」

全く・・・モラルも無ければ常識も無し!早朝着の高速バスで群馬から来るってか?

思いやりなんて欠片も無いヤツだすな・・・

早朝寒い中迎えに行ってやったよ。

d0164783_1434228.jpg


今どこだ?外で待ってるんだけど・・・

便所でウンコ中?先に出しとけっつうの!イライラ・・・

こら!ウンコタレ凡人!迎えに来てやったのに指刺すんじゃね~って!

d0164783_1491795.jpg


そう、こんなに迷惑なヤツはそうは居ないべ、群馬の凡人代表が岩手に来たのだよね・・・

ほれ、早くしろって、隣は交番だから、一緒にいるオラまで不審者と間違われたく無いからね。

d0164783_14115817.jpg


あ、待て、ウンコ付いた手でオラの車に触るなよ、ちゃんと手を洗えって。

d0164783_14125680.jpg


車に乗せたれば・・・

うわ!こいつマジでウンコ臭せ~・・・とにかく早くこいつを車から降ろしたいのだ・・・

「あ、そうだ、マックで朝飯食ってこうぜ、ほれ、早く車から降りるのだよ。」

d0164783_14165218.jpg


あ~・・・どこに行っても迷惑なヤツだべ・・・

ドナルド君、申し訳無いのだす!

d0164783_14193340.jpg


店内に客はオラと凡人のみ、良かった~、他の客に迷惑にならなくて・・・

頼んだ品はソーセージマフィン、お前それしか頼まないよな?バカの一つ覚えってもんだす。

しかし、オラもつられて同じ物・・・どうも以前の体験がトラウマになってるようだす・・・

d0164783_14322676.jpg


んで?今日は新鮮なイカが食いたいんだべ?

んじゃ連れてってやるからよ、ほれ!

どれでも好きなの選べよな。

d0164783_14375028.jpg


え?なに?違う?

イカを釣りたいってか?

めんどくせーヤツだな。

んじゃ釣具屋寄ってエギ買ってこいって。

d0164783_14403626.jpg


おいおい、エギの2~3個買うのにいつまでかかってんだよ、

はい?このルアー人気で群馬じゃすでに売ってないって?

お前岩手の釣具屋にお宝発掘にきたのかよ・・・

早くしろって、ホントいい迷惑だ~!

d0164783_1444292.jpg


やっと海へと向かうのだが、天気予報は晴れのはずだったのに・・・

凡人が来たせいで雨が降ってるすよ、あ~、ホントに迷惑だ~。

d0164783_14483363.jpg


ふ~・・・やっと到着なのだ。

車内でうるさいヤツと過ごす2時間、ホント苦痛だったすよ。

イカスミ、あるね~、最近釣れたようだす。

d0164783_1453725.jpg


さてさて、オラもやってみるべし。

d0164783_14545362.jpg


しかし、釣れるはずの時間になってもアタリも何も無いのだよね・・・

暗くなった頃、周りでポツポツと釣れだしたのだがオラと凡人には一杯のイカも来なかったのだよね。

凡人はどっちが先につり上げるか勝負しようぜ!なんて言ってやがるよ。

周りで次々に釣り上げる中、やっとオラのターンがやってきたのだよ。

え?オラ達じゃないよ、オラのターンだすよ。(笑)イカの群れが近くにやってきたのだ~。

ほぼ同時にアタリがあったんだろうけど、バカの一つ覚え、猪突猛進、加減を知らない凡人は、

「オラオラ~!」とリールをグリグリ巻くのだす。

「どうだ~!俺のほうが10秒早く釣ったぞ!勝負は勝ちだな!ガハハ~!」

d0164783_1575918.jpg


はいはい、おめでとう~。

は~・・・ヤツは知らんのだ、イカはエギに乗ったらゆっくりと巻き寄せると、後ろにイカが数杯着いてくるのだ。

そうやって足下にイカを寄せつつ釣るのだす。

ま、確かに勝負は凡人の勝ち、後でラーメンおごってやるからよ。

d0164783_1513452.jpg


その後はイカの群れが頻繁にやってきて、忙しいったらなかったべ。

オラは2本の竿を使って釣っていたのだ、1本は垂らして、1本はキャストしながらね。

凡人は言ったよ。

「竿2本も出して欲張りだな、なんてセコくてガメツイやつだ、ガハハガハハ~!」

は~・・・ヤツは知らんのだ、足下に来たイカは水中にエギが無くなるとすぐに居なくなってしまうことにね。

波があるほどエギが揺れてより長くイカが足下に居続けるのだす。

んだから常に水中にエギを沈めといて釣るために2本使ってるのだよね。

d0164783_15235084.jpg


オラのお陰で自分も釣れてるとは気が付かず、ほいほい、ジャンジャンと二人で釣り上げるのだ~。

凡人 「俺って天才だな!アタリの取り方が分かってしまったよ。イカ釣りキングと呼んでくれ~、お!また来たぞ、こいつはでけぇぞ!」


















バ~カバ~カ!

うける~!

d0164783_15284567.jpg


2時間チョイで結構釣ったな~。

d0164783_15313481.jpg


こりゃ捌くの大変だぞ~。

d0164783_15321683.jpg


帰って今日食う分は息子に捌いてもらったよ。

中学生にイカの裁き方を教えてもらう凡人、さすがに素直に聞いていたよ。

素直な凡人って、笑える~変だ~(笑)

d0164783_1534286.jpg


イカソーメンと副産物のソイの刺身で一杯やったすよ。

ど~だ?うめ~だろ~?

d0164783_15401360.jpg


顔が耳まで真っ赤で笑える~。

お前タコのように真っ赤だぞ。

「うるせ~、酒飲んで赤くなって何が悪い!」

真っ赤なタコオヤジがイカを食うのだす。

左手に持った歯ブラシは、「これが灯台で、ここに立って・・・」

と、オラの息子に釣りの説明をするのだす。

迷惑な酔っぱらいタコ親父だす!アハハ~

d0164783_1539494.jpg


凡人 「んじゃ、明日は3人でイカ釣りだな!俺が教えてやるぜ~。ガハハガハハ~!」

は?明日も行くの?

は~・・・やっとうるさいヤツから解放されると思ったのに~・・・

と、言うわけで二日目に続くのだす・・・めんどくせ~。
[PR]

by the-kingfisher | 2015-11-24 16:00 | その他の釣り | Comments(20)

無欲にして天下足る・・・by荘子   なのだ!

SHIGEZOさんと荒雄で釣りするのって3年ぶりだよね~。

ん?そういや釣りしてなかったっけか・・・

あ~そうだ、あの時は行いの悪いオッサンが集まったから、大雨で釣りなど出来ずに温泉浸かって帰っただけだったね。

3年ぶりに荒雄で一緒に釣りの約束取ったれば、週間天気予報はピンポイントでその日だけ雨マークがついてるのだよ・・・しかも80%の本降り予報だす!

お互いドンだけ行い悪いっつ~の(お前のせいだべ、一緒にすんな!)

んでもね、現地に着くと曇り空、問題なく釣りが出来る状態だったのだ。

その訳は・・・自称雨よけ女、sakanatsuko殿が参加することになったからなのだす!

d0164783_14411227.jpg


sakanatsuko殿は釣りが大好きな割に釣欲が全く無いのだす。

最初っから「釣れ無くても全然楽しい~。」なんて言ってるのだす。

釣欲むき出しのオッサン二人は見苦しいもんだすね・・・(だから一緒にすんなって!)

しかし、過去にサクラマスも釣り上げ、今年は50近いアメマスだってサックリ釣っちゃうエキスパートなルアー釣りガール・・・

いや、レディなのだ。(なぜに言い直す?)

おっと、開始早々オラに来たのだ。

なに?今日は釣れる気がしないから手応えだけでも味合わせろって?

sakanatsuko殿、開始5分でそれは無いべ・・・

もっと釣る気を出しなさいって。

ま。一回100円で変わってやるべし(セコ!)

d0164783_15101762.jpg


ほれ、どうよ、荒雄の虹の引きは。

なかなかいい引きするべ?

d0164783_15122010.jpg


SHIGEZOさんもすぐに虹と格闘してるべさ。

d0164783_15132932.jpg


3カウントフォール勝ちまでもうチョイだす!

d0164783_15154010.jpg


お~!絵になる紅葉が、ハラハラと・・・

え?違う?持ってきたの?刺身に付いてたツマですかい?

あ・・・来るとき持ってきたのね・・・

sakanatsuko「SHIGEZOさん、腹出てますね~」

SHIGEZO「え?最近太ったかも・・・」

sakanatsuko「違いますって、魚の腹ですよ~」

アハハ~、マジうけるんですけど~。

d0164783_15203291.jpg


sakanatsuko「んじゃ、釣れた二人で記念撮影しますか~。」

SHIGEZO「んですね~、撮っちゃいましょう。」

あの~sakanatsuko殿、掛けたのオラなんですけど・・・ま、いっか!

d0164783_1524418.jpg


オラとSHIGEZOさんは上に行き、sakanatsuko殿はすぐ下で釣ってるのだす。

もっと釣欲むき出しで、オラ達より上を釣ればいいものを、先に行かせてやるべと振り向くと、なんと!

ロッドの先っちょが水面に刺さりそうになってるじゃ!

で、でけぇ・・・

オッサン二人の獲物より二回りもでかいんじゃね・・・

d0164783_1538979.jpg


太っとい虹だすね~、どっからどうやって釣ったの?

オッサン二人は焦りながらも尋ねてみたのす。

これこれこうやって、こうしたらこうなってと・・・

そして、オッサン二人は心に残る名言を聞いてしまったのだよ。

sakanatsuko「ルアーってね~魚にとっての猫じゃらしだと思ってるの~。遊びたいと思ってる魚と遊んであげるのね~。」

あ~心にしみる女神様のお言葉・・・欲にかられ、釣れない魚を何としても釣るべとムキになってるなんて・・・

オラの心は汚れていたのだべ・・・

sakanatsuko殿、まいりました~。

d0164783_1550942.jpg


釣欲むき出しのオッサン二人を諭した後、後に残るはオッサン二人の行いの悪さ・・・

雨が本降りとなってしまったのだ。(まだ言うか!SHIGEZOさんは関係無いって!)

オラはやっぱ釣り欲だけで狙うのだす。

d0164783_1622737.jpg


ほれ、さらに追加だす。

d0164783_163410.jpg


あれま、なしてロッドが入れ替わってるのよ・・・

側でsakanatsuko殿がケラケラ笑ってる~。

「私が釣ったみたい~。」

無邪気なもんだすね~、オッサン二人も笑ってる~。

d0164783_1653385.jpg


しかし、この女神様、もしかして・・・

少々天然かもしれないべ・・・

オラは川底に沈む、四角い物をを発見したのだよ。

オラ「SHIGEZOさん、あれってスマホじゃね?」

SHIGEZO「ホントだ、誰か落としたんだべね。まさか、sakanatsukoさんだったりしてね。」

お~い、sakanatsuko殿~、スマホ落としただろ~!

sakanatsuko「え~?落としてないよ~、ここにちゃんとあるし~。」

オラ「うそだろ~?んじゃこのスマホ誰のだ~?」

sakanatsuko「ちゃんとここに持ってるよ~、ほら!あれ?違う!無くなってる!」

それって、ルアーのボックスなんじゃね?アホ~!




午後も早々に、寒さに耐えかね、ふきのとうへとラーメン食いに行くべし。

せっかくだから、三人揃って記念撮影するべし。

パシャッとな!

d0164783_1675854.jpg


頼むは三人仲良くチャーシュー麺だす。

しかし、結局無欲な人が一番デカイのつり上げたすな~。

SHIGEZOさん、オラ達邪念が多すぎるのかね~・・・(アンタだけだ!)

d0164783_1681427.jpg


んじゃ、オッサン二人でチャーシュー麺おごるからね~。

来シーズンも、都合付けて三人で荒雄に刺さるべしね~!
[PR]

by the-kingfisher | 2015-11-07 14:30 | フライフィッシング | Comments(14)