「ほっ」と。キャンペーン



季節が冬から春に変わる頃、毎回感じることがあるのだよね。

そのころになると、決まってニンフのインジケーターに反応出にくくなる時があるのだ。

んじゃ、ドライに変えればいいんじゃね?って思うけどね、どっちもどっち、いや、ニンフの方が若干いい位だべか。

こまめにニンフとドライをチェンジすればいいのだけどね、手間を惜しむわけじゃなく、反応が悪くなる理由が知りたいのだ。

明らかにニンフをくわえても、アタリが非常に出にくいことがあるのだす。

活性が上がりだし、淵から瀬へと移動する頃だから、ポイントによって棚の調整がめんどうってこともあるのだべかね・・・

いろいろ理由を探って試してみてるけど、決定的な答えって見つからないのだよね・・・

釣りに方程式などあり得ないのだ。

ま、オラは学生の頃は赤点なんてしょっちゅうだったんだけどね~。

そんな時期がやってくるのが、こいつが出だす頃なのだよね・・・



d0164783_11424845.jpg

こいつはヒメフタオカゲロウなのだよね。

オラの行く川じゃ3月後半から4月にかけて出る頃が多いのだが。

正確にはマエグロヒメフタオカゲロウって名前なんだと、早春に最初に目撃する大きめのカゲロウじゃ、ほとんどこいつじゃないべかね。

羽化の方法は陸上羽化なんだと、つまり、岩や草なんかにウニウニとはい上がって羽化するスタイルなのだ。

水際の岩にちょこんと乗ってることが多いのは、そんな理由なんだべかね。
d0164783_12402853.jpg


羽化途中の事故的要素が無ければ流下することが少なそうだよね。

はらはらと飛んでる数の割には、ライズも少なめ、水中で流されるニンフも少なめなのは陸上羽化の影響なのかね?

ヒメが出る時期になると魚の活性も上がってて、流下する餌に対する守備範囲もぐっと広がってるもんね。

d0164783_11424987.jpg

離れた場所からす~っと寄ってきて、一瞬くわえてはき出す事が多い気がするべ。

アタリがあって合わせても、空振り、ばらし、時にはアタリすら出る前にはき出すことが多くなるんだもんね。

そういう事って経験無いすかね?




d0164783_11460294.jpg


ニンフからドライへの切り替えのタイミングって、人それぞれなんだろうけど、

オラの場合はインジケーターにアタリが出にくくなったときとか、ライズを発見したときとか、明らかにドライが有利な渓相だったりとかあるけどね。

理由付けするより、何となくそっちの方が良さげだな・・・ってことも多いのだす。

d0164783_11424948.jpg

ただし、このヒメが出だしたときは別なのだ。

知らない頃は瀬も淵もドライで狙っていたけれど、もっと釣れてもいいのにな~・・・

なんて思ったりしていたのだ。

マエグロヒメフタオが陸上羽化と知ってからは、ドライで狙うなら川の端っこの緩流帯とか、水面から飛び出た岩の周りを中心に狙っているのだす。



d0164783_11383603.jpg


草や岩にはい上がって羽化するべから、風とかで落とされたりして、その近くで補食されることが多いんじゃないべかね?

って感じてね。

魚もそれを知ってるのかそんな場所に待機してるヤツが多くなる気がするよ、気のせいなのかね?



d0164783_11424983.jpg
んじゃ、ニンフで狙うときはどうするべかね?

アタリが出にくいまんま、イライラしながら釣るしかないのだべか?

インジケーターにアタリが出やすくする方法・・・



d0164783_11424852.jpg

それはね・・・

長くなりそうなのでまた次の機会にでもアップすることにするべかね。

ん?別に聞きたくないって?

ま、まあ、ヒメが羽化してるときに川に刺さる機会があったなら、端っこ中心にドライで狙って見ると良いと思うのだ。(余計なお世話だっつうの!)


[PR]
by the-kingfisher | 2016-04-22 13:02 | フライフィッシング | Comments(25)

なぬ!?

もう4月だってか!

解禁直後のアップから一ヶ月近くも経ってるじゃ・・・(いや、ホントは判ってるけどね)

行ってない訳じゃないのだけれど、年度の変わり目って事もあって更新のタイミングを逃すとアップしずらくてね・・・

氷漬けの中で釣りしてたのが大分前に思えるけれども、まだ最近なのだよね。


d0164783_11173797.jpg

解禁後のニンフ率100%の釣りから始まって・・・
d0164783_11173686.jpg


淵の底から魚が流れのあるところに移動してるのを感じながらね。

d0164783_11173635.jpg
んで、最近ではやっとドライにも出始めたのだよね。

当たり前のことなのだが、単にドライやニンフの釣りといってもそのときの川や魚の状況に合わせることができたらね。

考えながら、思いつきを試して失敗しながら日々川に刺さるっておもしれ~のだよね。

d0164783_11173767.jpg
今年から使ってみた3Mのヒーヒーいうラインもなるほどと思うことがあったから、そのうちアップしてみるべかと思ってるすよ。

ニンフの釣りに関してもね・・・

あ、もうすでにドライの釣りに変わってるかね・・・

ま、バカが勝手に語ってると思って見てちょ~だいね。

d0164783_11173770.jpg


あ、そういや群馬の大バカがブログ再開したみたいだね。

まったく・・・実生活と同じで落ち着きの無いヤツだすな。

ま、憂さ晴らしの場がまたできたから許してやるべかね。




[PR]
by the-kingfisher | 2016-04-09 12:00 | フライフィッシング | Comments(10)