釣欲と、肉欲に溺れし盆休み・・・なのだ

「盆には岩手に帰省いたします、○○日から○○日まで。もし、都合がよければ一緒に遊んでやってくださいませ。」

そんなメールが届いたのが一か月以上も前の事、こりゃあ何としても休みは空けとかなきゃなんねえべ。(いや、ホントに空いてたんだけどね)

一日だけならご一緒できそうだと伝えておいたんだけどね・・・

帰省ラッシュ始まる盆の入り・・・

オラはそのお方にメールしたよ。

「もう一日釣り出来そうなんだけど、行っちゃう?」

返って来た返事には・・・

「突然の急用が出来ちゃいまして、当初の予定は可能ですが、その日は厳しいですね・・・」

そうか~、残念だけどしょうがないね。

というか、そんな状況の中釣りに出かけたら非難轟々、今後の釣りにも響くことだもんね。

ところが前日・・・

「やっぱり釣りに行きます、連れてってください!」

え?いいの?行っちゃっても、知らないよ~。

「明日嫁さんに車で送られて行きますので、○○で待ち合わせしましょう。」

え?ってことは、こんな非常時にダンナを釣りに誘う不届き者はお前か~!って言われちゃうんじゃないだろ~ね?

当日・・・

「それでは、よろしくお願いしますね~。」

との優しい嫁さんの笑顔のみで事なきを得たのだが・・・

「○○さん、よくこんな時に釣りOKの返事もらえたね~」

「大丈夫、あとで十分穴埋めしますから。」

そんな釣欲のためなら嫁にも屈しない、人生の猛者(無謀者とも言う)お方は・・・

gohdonさんなのだす。


d0164783_00505575.jpg

初日は水温の低い上流部の川を選んでみたよ、岩手といえど、夏は気温が30度は超えるからね。

下界が猛暑の日でも、22~23度位で涼し~く快適な釣りを楽しんでもらおうかと思ってね。

d0164783_00035663.jpg
 そこそこ楽しく釣り上がり、gohdonさんにも良い岩魚が出てくれたのだよね。

お~、尺あるじゃ~!

d0164783_00035630.jpg
んじゃ、夕飯はあそこ行っちゃう?

gohdonさんが来るたび休みで行けなかったあの伝説の焼肉屋へと。

いや~、いつ来てもここの焼肉屋は旨くて量がすごいね。

通常の3倍以上は盛られてるんじゃないべかね?
d0164783_00514350.jpg
皿が見えないぞ~。

d0164783_00514620.jpg
これ、一人で完食すると、店内で拍手喝采が沸き起こるという、大盛り飯なのだ。

茶碗じゃなくて、丼に山盛りだよ。こいつを二人で退治しようと思ったのだが・・・


d0164783_01333845.jpg

このほかもう一皿頼んだけれど、いや~食いきれね~!

ほれ、gohdonさん、この肉焼けてるからドンドン食って。

あ、何するんですか、自分の分は自分で取りますよ、これ焼けてるんで食ってくださいよ。

いや、ムリムリ、これ以上食ったら肉が逆流するって。

この2枚はオラが食うから、残りの4枚は食ってちょ~だい。

何を言ってんですか、はいはい、ちゃんと食ってくださいよ。

あ~、知らんぞ、運転中に肉がプレイバックされても、もう一回肉が見れちゃうんだからな~。

オラ達は学習したよ、大盛飯を頼んで良いのは3人以上で、肉は一人当たり一枚までってね。

こんだけ食っても一人1000円なのだ、感動と腹の苦しさと店内の煙で涙があふれるのだ・・・



さて、肉欲は満足したものの(肉欲って意味違くね?)釣欲のまだ満足しない二人は次の日も川へと刺さりに行ったのだ。

gohdonさんが釣りたい本命、山女を狙いにね。

厳しいことは覚悟で行ってみたのだ。

d0164783_02303840.jpg


さすがに暑さと盆の人の多さで厳しかったけど、gohdonnさんがいい山女をかけたのだよね。

お~、かっちょえ~山女だす!



d0164783_00523551.jpg
いい岩魚も出てくれたし、厳しい中では上出来とせねばね。

d0164783_00505495.jpg

来年来る時は連絡をね、休みは空けとくから。

しかし、gohdonさんも胃袋はしっかり空けて来るんだぞ~。














あ、そうそう、先日こんなとこから一冊の本が届いたのだ。

d0164783_00505552.jpg


今年の熊の大量発生と、秋田での山菜取りに山に入った4名の方が熊に襲われ、亡くなるという衝撃的な事件は釣り人としても無関心ではいられない事なのだ。

少しでも熊による事故が減ればと思い、オラも僅かながら協力させてもらったのだ。

d0164783_00505519.jpg

専門家による人間と熊との境界線が大きくずれ始めていることの理由、釣り人がどんな状況で遭遇してしまうのか、

一般的に言われる対応が逆効果であった経験談、実際に熊に襲われた方の壮絶体験。

そんな貴重な話が詰まった一冊なのだ。

熊鈴なんて期待したほど効果が出ていないのだ、むしろ、鈴を装備しているからと油断することが危険なのだよね。

熊に遭わないためにどうするか、遭ってしまったらどうすべきか、時にそんな対策も無意味であるってことも頭の中に入れとく事も必要かもね。

今や熊は住宅地にまで頻繁に出没するのだが、釣りに出かけるなら読んでおいてはどうだべね?


[PR]

by the-kingfisher | 2016-08-26 03:02 | フライフィッシング | Comments(22)