山女の知謀・・・なのだ




山女って、本当に賢い魚だと思うことが度々あるのだよね。

そんな事、誰もが知ってる事だろうけど、

そうは知りつつも、釣り人の予想を超えて賢さを痛感させられることが、今まで何度となくあったのだが。

最近では・・・ついこの前、一番良い時期を過ぎていよいよ夏本番、岩手でも35度の猛暑日を記録。

水量は平水よりも少~し少なめになっていたべかね?

流下する餌もだいぶ少なくなり始め、ライズを見かけるのも散発的になった頃・・・







d0164783_22455915.jpg


そんな頃になると、岩魚も山女も決まって反応が悪くなるのだよね。

んでも、オラは最近感じる事があるのだが、

岩魚はフライパターンを重視し、山女は流れ方を特に重視するのじゃないべかね?って。

付き場の違いもあるのだろうけど、比較すれば岩魚の方が流速の遅い場所に付いてるし、水面近くに浮いて流下物を待ってる事が多いようだし。

山女の場合は底の方に付いていて、上から流れてくる流下物に合わせて浮いて来るような気がするのだ。

岩魚よりも長~くフライの流れ方を見ているような感じだべか・・・

ま、オラが勝手にそう感じてるだけかもしれないけどね。

山女が餌の流れ方に過敏になってると思われる事があったのだ。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いかにも山女の付きそうな場所での体験なのだ。

水面から少し頭を出した岩に流れの筋が当たる場所、

ぶつかる流れは岩の上に小さな緩流帯を作り、左右に流速を早め分断される・・・そんな感じの場所なのだ。

岩の上の緩流帯に来るようにフライを流したが、ご不在だったようで・・・

その場所をあきらめ、2~3メートルも上だべか?流心にフライを落としたのだが、

その下でギラッと大型の魚影が見え、下流へと逃げられてしまったのだ。

「あちゃ~・・・気づかれてしまったべ。」

やっちまった感に腐りながらも、小さいのでも出るかもしれないと思い、再びキャストしたのだが・・・

またもや同じ事が起こったのだ、下流に逃げたと思ったが、岩の上の緩流帯でフライを銜えたのだ。

まさかの出来事にあわてたべ、弛んだラインを急いで回収するために足下に垂らしたラインが岩にひっかかり、

ロッドにラインが絡んだが、幸運なことにキャッチすることが出来たのだ。

余裕の尺越え山女・・・

多分、こいつは限られたレーンを流れる餌は決まってその場所にたどり着くと知っていたんじゃないべか。

餌を確認し、下流に先回りして緩流帯で待ち受ける、そうとしか思えない出来事だったのだ。





d0164783_00173046.jpg
釣られるほどに知恵を身につけ、老獪にして、知謀に長けた大山女・・・

オラは憧れと、尊敬の念を持って再び流れへと戻すのだす。

また、逢えることを願ってね。





d0164783_22263424.jpg








[PR]

by the-kingfisher | 2017-07-28 03:02 | フライフィッシング | Comments(16)

憑依の先は、誰?なのだ




おかげさまで、こんなオラでも毎年のように会いに来てくれる仲間がいるのだ。

今年も休みを取ってまでやってきてくれたのが、ちょうど七夕の頃だったのす。

渓では仙台の七夕祭りの飾りみたいな花が咲いていたのだよね。


d0164783_22135854.jpg



今日はお隣の宮城からやってきた、SHIGEZOさんと一緒に川に刺さるのだす!




d0164783_00202066.jpg


下界の予報は最高気温33度だったべか・・・

しかし、少し増水気味の渓は吹き抜ける風もさわやかで、むさいオッサン二人の暑苦しさを和らげてくれたのだ。(せっかく来てくれたのに、むさいとは失礼だな)

さあ、SHIGEZOさん、いつものようにじゃんじゃん釣り上がるべし!



d0164783_22154483.jpg

そう、いつもの様子なら、ここは瀬や肩に付いてることが多い川なのだが、

この日はちょっと違っていたのだ、

釣れる魚は全て巻きのポイントから釣れてきたのだ。



d0164783_22154504.jpg

なんか、今日は反応ちょっと渋めだよね。

SHIGEZOさんも巻きのポイントからの水揚げだす。



d0164783_22135870.jpg



んでも、心配は無用だったのだ。

日が高くなって、水面に日が差す頃になると、魚の付き場が瀬や肩に移ってきたのだ。



d0164783_22135880.jpg




お~、釣ってる釣ってる。

なんか、カンチョ~したくなる格好だね・・・(笑)



d0164783_22135772.jpg



腹が減ったのでお先に飯にするからね~。

この鶏五目のおにぎり、お気に入りなのだよ。




d0164783_00203179.jpg


SHIGEZOさん、うはうはモードで釣ってるべさ。

あ、またもカンチョ~したくなるような格好で・・・


d0164783_22154654.jpg


一昨年と違って、バラシやすっぽ抜けがほとんど無いね。



d0164783_22154623.jpg


稲荷を食えば・・・




d0164783_11055782.jpg




また水揚げしたのね?



d0164783_22154427.jpg


たぶん、下界は猛暑なんだろうけど、ここに居るとそんなことにも気が付かず、

むったりと釣りに没頭できるのだ。

あ、河原にはこんな物まで・・・

つまんで、食ってみたけど・・・

あんまり美味いもんじゃないね~、青臭くてすっぺ~!


d0164783_22135762.jpg


暗黙のルールのように、自然と一匹釣れたら交代、

って感じで交互に釣るのだ。

一投で交代って事も何度かあった気がするべ。

釣られて、スネてる岩魚だす(笑)

d0164783_22154359.jpg

いや~、SHIGEZOさん、今日は釣れましたな~。

んでも、オラの方がいっぱいバラしたし、すっぽ抜けも多かったよね。

何より最後の岩魚はでかかったのに写真撮る前に逃げられてるし・・・

SHIGEZOさんに取り憑いてた呪いがオラに憑依したんだべか・・・

最近弱くなってたようだけど、潜伏してたんだね・・・

恐ろしや~。



d0164783_22154475.jpg



今回も、頂きました。

ヘロヘロになって林道歩いて、車に戻れば・・・若返りの水が!

ドライでゼロって、縁起わる~・・・

しかし、今日は全く気にならないもんね。(いちいち気にすんな!)

ぷっは~!!!


d0164783_22154409.jpg



しかも、つまみまで用意してくれちゃって。

これ、うめ~んですけど!

見つけたら買っとくべし。


d0164783_22155035.jpg


あ、そういや釣りが好調すぎて、いつもの下ネタが出なかったですな・・・

次回は、荒雄だべか、いっぱい下ネタの花咲かせるべしね~。








[PR]

by the-kingfisher | 2017-07-12 11:11 | フライフィッシング | Comments(8)

敵討ちの舞台は整った!・・・のだ


そうそう、

だいぶ日にちが過ぎた後のアップだけど、SHIGEZOさんとBSさんの敵を討ちに行ってきたのだ。

3Xをぶっちぎって逃げていったアイツね。

アイツの居場所は知っている・・・

オラの準備もバッチリだす。

水量よ~し

天気よ~し

さあ、反撃の舞台は整ったのだ・・・

いざ!菖蒲!・・・じゃなくて勝負なのだ!



d0164783_20521630.jpg


背丈の何倍にも伸びた雑草ジャングルをかき分けて進むべし。

前回は多分ここで毛虫にやられたんだよね・・・

両手の甲がボッコボコに腫れてしまったのだ。

なので今回は藪こぎ用のグローブ装備なのだす!




d0164783_20524142.jpg



そこそこのブラウンは出るけど、狙いはヤツなのだ。



d0164783_20521647.jpg


何としても仇を討たねばね。



d0164783_20521497.jpg


さ~て・・・

いよいよヤツの居る場所へとやってきたのだ・・・

フライのチェックもしたし、ティペットも結びもバッチリだす!

ヤツをつり上げ、SHIGEZOさんとBSさんに写メ送ってやるのだ~。

お~し、来たのだ~!!

・・・と、思ったけど、前回ジャンプして見せつけられた魚体よりも、ずっと小さなコイツだったのだ・・・




d0164783_20521653.jpg



ってことで、敵討ちは返り討ちとなってしまったのだ・・・

あ、そうそう、他にもこんな外道が釣れたのだよね、

まずは、いつもの残念な外道のコイツ・・・



d0164783_20533253.jpg



そして、嬉しい外道の岩魚だす。



d0164783_20521413.jpg



んでんで、今日はちょ~嬉しい外道まで来てくれたのだ。

なんと、外道の尺山女だす!





d0164783_20521557.jpg



敵討ちは失敗だったけど、敵を討てた以上に嬉しい気がするのだが・・・

いやいや、いつかヤツをオラのネットの中に閉じこめてやるのだす、待ってろよ~。









[PR]

by the-kingfisher | 2017-07-05 23:04 | フライフィッシング