無謀な、モンスターハンター・・・なのだ


あ~・・・

釣りに行きたい釣りに行きたい釣りに行きたい釣りに行きたい釣りに行きたい釣りに行きたい釣りに行きたい釣りに行きたい釣りに行きたい釣りに行きたい釣りに行きたい釣りに行きたい釣りに行きたい釣りに行きたい釣りに行きたい釣りに行きたい釣りに行きたい釣りに行きたい釣りに行きたい釣りに行きたい釣りに行きたい釣りに行きたい釣りに行きたい釣りに行きたい釣りに行きたい釣りに行きたい釣りに行きたい釣りに行きたい釣りに行きたい釣りに行きたい釣りに行きたい釣りに行きたい釣りに行きたい釣りに行きたい釣りに行きたい釣りに行きたい釣りに行きたい釣りに行きたい釣りに行きたい釣りに行きたい

4月になれば季節はかわるもの・・・

それは時に会社に勤める者でも同じ事なのだ。

なしてオラが着慣れないスーツ着てみんなの前で恥かきに行かねばねってや・・・


d0164783_22284333.jpg



あ~あ、知らんぞ、オラにそんな重大なこと任せてしまって・・・

そんなこんなでも、ついにその日はやってきたのだ。

新幹線に乗ったれば、釣りに行けないオラへの当てつけかよ!



d0164783_22284243.jpg

ペラリと表紙をめくれば・・・

か~!

目にしみる~!

心おきなく川に刺さりて~。


d0164783_22284144.jpg


ちくしょ~!

とりあえずでも、今日無事に事がすんだら目一杯川に刺さってやるのだよ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・








お~し!

恥はかいてきたけれど、終わってしまえばこっちのモンだす。

川に刺さりに行くのだよ。

と、思ったけどね・・・

ムリ!



d0164783_22530994.jpg

この水量じゃムリムリムリ!


d0164783_22531035.jpg


テレメーターで知ってはいたけど、あの数値でこんなになっちまうんだ・・・

前回、猛獣捕獲に来たときよりも、かなり水量アップしてるべさ。

少しは刺される場所あるかと期待したけど。

欲求不満が溜まりすぎて正しい判断ができなくなったのかもね。

いや、いつでも行き当たりばったりだったかもね・・・

風に揺れるキクザキイチリンソウを見てると心穏やかになるけどね。

d0164783_22532754.jpg


川に刺さるのはムリムリムリムリムリ!





d0164783_22532795.jpg

ウエーディングスタッフで深さを調べて見るけれど・・・

ムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリ!!!!!

肩まで浸かるって!



d0164783_22532758.jpg

それでも3カ所だけ、竿を振ってみたのだ。

かなり強引にニンフを沈めながらね。

そのうちの一カ所で、掛かったのだ!

ただでさえ強烈な引きする奴らなのに、流れに乗って下れば押さえる事などできる訳無いのだ・・・

ちくしょ~!

とまれ~!!!

そっちに行ぐな~!!!

もう取れないかと半分諦めかけたけど・・・



どうだ~!

余裕の50オーバーだす!



d0164783_22523805.jpg


ん?

待てよ・・・

やっぱり。

お前は前回釣ったヤツじゃね~か。

んでも、1Cm伸びてるじゃ。

また逢ったすな!

しかし、同じロッドで同じリール、同じネットで同じ魚なんて、前回の写真使い回してると思われるんじゃね?

んだから、こうして水の色が違う写真も撮ってみたりしてね・・・



d0164783_22523977.jpg

2度あることは3度あるって言うけれど、も一度瞳に映るオッサン写そうとしたけど天気が良すぎてイマイチだったのす。



d0164783_22523819.jpg

また、3度目も再会できることを願って・・・


d0164783_22523937.jpg


同じ場所に居てけろよ。


d0164783_22531079.jpg

引っ越ししても追いかけてやるからな~(ストーカーかよ!?)


d0164783_22531145.jpg








[PR]

# by the-kingfisher | 2017-04-26 00:43 | フライフィッシング

川の猛獣を捕獲・・・するのだ!




春ってどこからやって来るんだべね・・・

南から?

ってことは暖かい所からやって来るってことなのかね?

んでも、ホントはいつでも近くにあるんじゃないべか・・・

足下の、すぐ下からとかね・・・

アスファルトやコンクリートよりも、土の地面の奧には沢山の春がまだ潜んでいるんだべ。

雪で押さえつけられていた春の使者がニョキニョキと顔を出し始めていたのだよ。



d0164783_10184657.jpg


雪代がオラの行く手を阻むのだ、今年も雪が少なくてまだ川に刺されるだけマシなのだがね。


d0164783_10184639.jpg

一歩足を出すのも難儀だす。

流れの押しが強いうえ、ネオプレーンのウエーダーが抵抗となってオラの遡航を阻むのだ。



d0164783_10184679.jpg




川の中でも春を待つ魚らは底の底に付いてるんじゃないべか・・・

きっと、いや、そう信じてひたすら底に狙いを定めるしか無いべさ。

激流で沈みやすくなるインジケーターをメンテしながら、フックとティペットを点検しながら、ただ無心にね。

インジケーターが沈んだしばらくした後、猛獣の雄叫びが聞こえた気がしたのだ。

ガオ~ってね。



d0164783_10183540.jpg

川の猛獣、余裕の50オーバーブラウン様のお出ましなのだす。

かっちょ良すぎる~!




d0164783_10183547.jpg

このメタルな鎧のエラ蓋がたまらんのだ。

その瞳で何を見ているのだべね・・・



d0164783_10183426.jpg



ん?オッサンがピースしてるのが見えるって?



d0164783_10183599.jpg



また、再び逢うべしと約束の握手で誓うのだす。(勝手に言ってるだけだべ)




d0164783_10183496.jpg

あ、今日も発見したよ、ピカピカの新品だす。

拾ったルアーの中古販売でもできるんじゃないべかね?



d0164783_10184787.jpg

またお宝発掘に来るべし!




[PR]

# by the-kingfisher | 2017-04-04 12:13 | フライフィッシング | Comments(14)

もっともっと・・・ヒーヒー言わせてやるのだ!





去年から、アップするべと思っていたけど、伸び伸びにしてしまった事があるのだ。

いや、他にも色々あるのだけれど、とりあえず、そのうちの一つをアップしてみるべかね・・・

一年ちょい前に買ったこのライン。

サイエンティフィックアングラーズのこのライン、こいつを使ってみて感じた事があったのだ。



d0164783_15445419.jpg



表面にイカゲソのように加工されたライン、テクスチュアドっていう表面加工らしいのだけどね。




d0164783_15445607.jpg




このラインの使用感が良かったのだよ。

何が良かったかって?

まず、ラインの浮きが良い気がしたのだ。

それと、滑りの良さが良い気がしたのだ。

浮きと滑りの持続性も良い気がしたべ。(どれも気がした程度かよ)

しかし、浮き方にしろ、滑りの良さにしろ、比較すると気がする程度なのだが、

新品ラインだからって事を差し引いたにしても、それぞれの良さが重なって感じる使用感の良さは、

表面加工による物と感じたべ。

「むむ~、このラインあなどれぬ・・・」




d0164783_15445620.jpg


表面の凸凹加工の先駆けって、多分エアフロのリッジラインだよね?

しかし、サイエンティフィックアングラーズ(長げ~名前・・・以下SAね)は後発だけあって、

表面加工対決はSAに軍配が上がると感じるのはオラだけだべか?

それだけ良いラインと思ったのだす。

んじゃあ、これからはSAのラインのみ使うのかって?

いや、エアフロにはエアフロの良さがあるのだ。

それは、素材の違いからだべども、エアフロは非常に高い耐久性なのだ。

以前、ほぼ一本のラインでシーズンを通して釣っていた頃は、一年でSAのダブルテーパーラインを一本半消耗していたのだが、

エアフロに代えると、まるっと三年は使えたのだ。その耐久性の高さが大きなアドバンテージと思うのだよね。

オラは思ったよ。

「エアフロのラインに、テクスチュアド加工されてたら、お互いの良いとこ取りできるんじゃないべか・・・」

で、去年の今頃やってみたのだ。

エアフロのラインにテクスチュアド(もどき)加工をするべし!とね。

最初に試したのは三年使ったエアフロの2トーンデルタテーパー、WF4Fで試してみたのだ。




d0164783_15452860.jpg
例え失敗しても惜しくないようにね。

クラックは入ってないものの、コーティングは剥げて滑りが悪くなってるのだ。

ラインコート剤でカバーしながら使っていた状態だす。


d0164783_15452846.jpg


用意したのはブレイデッドラインの25LBと35LB、今回は25LBを使ってみたのだ。



d0164783_15452954.jpg



ブレイデッドラインを2mほどにカットして、端っこはほつれが進まないようにライターで炙ってね。


d0164783_15452702.jpg


んで、ブレイデッドラインに1.5号くらいのラインを通すのだ。

これがないと作業効率が悪くてとても出来るモンじゃないのだよ。


d0164783_15452966.jpg

ウニウニとブレイデットラインに通してと。

ブレイデッドラインに貫通させたなら・・・



d0164783_15452726.jpg

フライラインの端っこを剥いて芯を出しとくべし。

エアフロのラインは芯とコーティングが剥離しやすいので根本に瞬間染みこませて作業中に剥離が進まないようにね。


d0164783_15452857.jpg


ブレイデットラインに通したモノフィラにフライラインの芯を結ぶのだ、途中で抜けないようにしっかりとね。

フライラインの芯に結びコブ作って抜け防止にしてもいいかもね。



d0164783_15460481.jpg



んで、モノフィラを引っ張りつつ、ブレイデッドラインにフライラインを通したら何をするかっつうと・・・

熱湯で茹でる!のだ。


d0164783_15460476.jpg
茹で時間は・・・とりあえず10秒でやってみたのだ。

すぐに水で冷やして、ブレイデッドラインをズラして、またもや10秒シャブシャブとね。

シャブシャブするときはガスの火は止めてね、鍋の脇から熱でフライライン溶かさないように。


d0164783_15460476.jpg

難しい事はなんも無いのだが、2mずつ加工するのでこれが手間なのだよね。

2mズラしてシャブシャブ・・・

また2mズラしてシャブシャブ・・・フルライン加工し終わるのに1時間か2時間かかったかもね。

技術は必要ないけど、根気は要るのだ。

ブレイデッドラインは35LBのほうが楽に作業できるかもね。

んで、加工したものがこれなのだ。



d0164783_15460612.jpg

ちょっと深く加工されたかもしれないがね。

アップで見るとこんな感じだす。



d0164783_15460594.jpg


この加工したラインで去年一年間、普通のラインとSAのテクスチュアドラインととっかえひっかえして比較してみたのだが・・・

結果、どうだったかっつうと、ラインの浮きと滑りに関しては明らかに良くなったと思うのだよね。

さらに、浮きが良いからドラッグもかかりにくくなったのだ。

そして、何よりメンディングが非常にやりやすくなったのだよ。

つまり、水面からラインがはがれやすくなった為だと思うのだが、そろそろ代えようかと思っていたラインが、

快適に使えるようになって、ちょっと驚いたくらいだったのす。

3月から12月まで車内に置きっぱなし、炎天下の日もあったけど加工が戻る事も無かったし。

このラインに合わせて、自作のラインコート剤は溝に定着しやすいように粘度を出すよう改良したこともあってか、より長く効果出てるせいなのかもしれないけどね。



d0164783_15460763.jpg

しかし、難点はキャスティング時のヒーヒーの音なのだよね。

SAのテクスチュアドラインのヒーヒー音が、

ヒーヒー・・・
くらいだとするならば。

オラの加工したラインの音は、

ヒーヒー・・・

と、倍の音量は出ているんじゃないべかね?

ガイドに対する影響も心配なのだが、一年じゃ見てわかるほど減ってはいないけどね。

今後、要経過観察だす。

その使用感の良さに気を良くしたオラは他のラインも加工して使っているのだ。

これはエアフロのジャパンスペシャルね。



d0164783_15445568.jpg

元々柔らかいラインなので、茹で時間は少なめにしたのだが、それでも深めだす。

エアフロのラインは3秒の茹で時間でもしっかり加工出来るようだす。



d0164783_15445664.jpg


ついでにSAのラインも加工出来るのか試してみたのだ。

SAのマスタリーXPSなのだ。

解禁初期にオラの使ってるラインだす。



d0164783_15445566.jpg


SAのラインは素材の違いからか、茹で時間は20秒でちょうどベストだったのす。



d0164783_15445547.jpg



溝が深いと浮きやドラッグ、メンディングには良い結果となるのだが、

あまり深く加工しすぎてもね、ちょうど良いあんばい、ってものがあるからね。

とりあえず、表面加工で実釣にどう影響するのか何となく分かってきたからには、

今年はこのラインで人目もはばからず、もっと大きな声でヒーヒー言わせてやるべし!(なんか話が違くね?)












[PR]

# by the-kingfisher | 2017-03-26 23:20 | 小ネタ | Comments(12)