湖上の時代劇?なのだ



草木も眠る丑三つ時・・・

こんな時間に現れるモノっつったらなんだべ?

幽霊?もしくは便所に起きるスッピン顔の嫁ぐらいのもんだす。怖ろしや~・・・

しかしこの日はもう一つ、釣り変態が大量に発生する日でもあったのだよね。

夜中の3時に目覚ましセットし、サラサラの雪道を走るのだよ。



d0164783_11245387.jpg


この日は待ちに待った岩洞湖のワカサギ解禁の日だったからね。

ワカ様が解禁したら毎日行くというほどの超変態のasatakaさんと一緒に釣りをしようというわけなのだ。

その並々ならぬワカ様を誘う技術、あわよくばちょっとでも拝借出来ればと言う魂胆もあったのだよね。

し・か・も、テントとドリルは出してくれるっていうんだもの、荷物が軽くなってなんと腰に優しいお方なんだべ。

正におんぶにだっこの楽々釣行なのだす。

待ち合わせ場所に到着し、いざ湖面に降りたものの、ん?なにこれ?

なんかオラのソリが異常に重いのだ・・・

あ~、3年前にソリにアクリルスプレー塗っといたのだが、すっかり取れて底に氷の固まりがへばりついているのだ。

ヒ~!重くてパンツもシャツもすでに汗でぐっちょりだす。

たまらずasatakaさんのソリにソリを乗っけて貰って一緒に引くことにしたのだ。

ソリまでホントにおんぶしてもらうとはね・・・



d0164783_11245430.jpg




ワカ様釣行で殿様の釣りなのだ。時代劇かっつ~の!

ドリルまで電動で楽々なのだ。

アッという間に貫通するんだもんね、反則レベルだす、オラもほすぃ~!



d0164783_11245408.jpg


周りは既にテント張っているけれど、場所決めに1時間ほども決めかねていたもんね。

何でも入れポン出しポンのドリームホール探すとか、名器を探し当てるようなイヤらしいこと言ってたもんね。(お前が言ったんだろ~)



d0164783_11245555.jpg


魚探の見方まで教えてもらって・・・



d0164783_11245597.jpg



んじゃ、この穴に入れてみますか~!

はいはい、待ってました!入れまくるべし。

は~、テント内は落ち着くね~。



d0164783_12413021.jpg


最初はコーヒー飲む余裕まであったasatakaさんだったけど、途中で数を数えたらオラより少ないと気が付いたようだべ。

いや~、どう考えたってそりゃ無いんじゃね?んだって明らかにオラよりいいペースで上がってると思うけどね。

「悔し~!私だって毎日通ってるからには変態としてのプライドがありますからね、逆転して見せます。」

「おかしいね~絶対そっちの方が多いと思うけどね・・・ほれ、パン食う?」

「いえ、今はいいです。」

「んじゃ、サラミ食う?」

「いえ、まだいいです。」

「ほれ、チョコもキャラメルもチーズも缶コーヒーもあるべさ。」

「なんでも出てきますね~、後で頂きますので。(苦笑)」

「あ、そうそう、お世話になると思って鍋焼きチャンポン買ってきたから食ってちょ~だい。」

「あ・・・せっかくなので頂きますか・・・」



d0164783_11245605.jpg

お~し、今のうちに差を広げてやるべし!(なんて姑息な・・・)

「それ食い終わったら、おでんもあるからね。」

「・・・今ダイエット中なので・・・」

か~、そう来たか、あえなく作戦失敗だす。


d0164783_11245623.jpg


しかし、asatakaさんの選んだこの穴、昼過ぎても当たりはソコソコ続き、中々の名器だったのだす。

しかも、ヒメ様の名器、なんか凄~くいやらしいんだけど・・・

ヒメ鱒が釣れる穴だったのだ。


d0164783_11245532.jpg


ヒメ様が釣れると隣の仕掛けを巻き込んでしまうので、仕掛けを何個ダメにしたことだべ・・・

ヒメ様、いけませぬ、もっとおしとやかになるのですぞ。

しかも、極めつけは最後に釣れたヒメ様だったのす。

あ~、ヒメ様のご乱心だす。テント内の仕掛け四つすべてを絡ませ、PEラインも切断し、asatakaさんの電動リールを水没させる大暴れぶりだったのす!

d0164783_11261795.jpg

あれ?リールの水没はオラが引っ張ったせいだったべか?

そんなドタバタ劇もあったけど、終わってみれば137ワカ。

プラス・・・


d0164783_11261689.jpg

5ヒメだったすよ。

一番デカいのは尺は有ろうかという良型だったのす。

お前らみんな、美味しく食ってやるからな~。

d0164783_11261699.jpg

家に帰ってワカ様とヒメ様の美味さに悶絶されたころ、メールが届いたのだけどね。

「家に帰ってしっかり数えたら143匹でした。」

なぬ~!?勝ったと思わせといて突き落とす、最もダメージ残る負けの宣告を受けたオラだったのす・・・

いや、ワカ様皆勤賞を目指す超変態に勝つことなどあり得ることなど無いはずなのだ。

しかし、いい話も聞いちゃったし、腰の具合が良くなったらまたソリ引いて頂戴ね~。














[PR]

# by the-kingfisher | 2017-01-29 01:26 | その他の釣り | Comments(12)

グチを吐かずにスミを吐かせたい・・・のだ




一年ぶりの、イカ釣りなのだ・・・


d0164783_18101374.jpg

が・・・

今年はどこにもイカが寄ってきてないらしいのだ。

いつもであれば胴長25Cmくらいの良型が釣れるころなんだけどね、

11月でほとんど終わってしまったんだと。

それでも毎年イカ釣りを楽しみにしてる息子を連れて来てみたのだ。



d0164783_18101360.jpg


今年は調子悪いみたいだからあんまり期待すんなよ。

ほれ~、やっぱサイズも小さいのだ、んでも釣れただけ嬉しいもんだす。



d0164783_18101553.jpg
お!

何気に岸壁に寄り添う魚影が・・・・

急きょワームに変更だす。

お~!立派なソイだったじゃ。


d0164783_18101421.jpg

イカが小さいからソイが余計立派に見えるじゃ。

イカは胴長15Cmくらいだべかね?

周りも釣れてないし、話を聞くと先月はソコソコサイズも出たんだとさ、

もう終盤なのかね~、やっとエギに乗っても手ごたえの軽さにグチを吐かずにいられないって。



そんな中、オラは2杯、息子は3杯、

か~!なにオラより釣ってんだよ、トラブルもなく釣りができるようになりやがって。

対等に釣ってただけに悔しさ倍増だす!

d0164783_18101293.jpg
帰りのラーメンまでオラよりグレードアップしやがって・・・

オラは600円ほどのラーメン、息子は900円ほどのチャーシュー麺、しかも大盛!

1000円超えだじゃ。

d0164783_18101251.jpg


んでも、黙ってオラのラーメンに入れてよこしたチャーシューが嬉しかったのだ・・・

また行くべし、今度はぜって~負けね~からな!





















[PR]

# by the-kingfisher | 2016-12-13 18:56 | その他の釣り

たかが管釣り、されど管釣り・・・なのだ


待ち合わせの時刻、朝6時・・・

オラは家から15分なのに、彼は1時間弱。

当然オラの方が早く着いたんだべ?

い~や、彼の方が30分も早くに到着して待っていたのだよ。

家が近いのに時間ギリギリとは何たる怠慢!

普通は近い方が早く到着して待ってるべきだよね~。

スマン、荒雄への道のりはオラが運転するから助手席でゆっくりしててちょ~だい。

ってことで、やって来たのだピ~ヒョロロ。

到着すると割と穏やかで良さげな感じだったすよ。





d0164783_12263198.jpg



お相手はというと・・・

アサタカさんだす。燃料代と高速代半分持ってくれるということなのだ、ラッキー!




d0164783_12263174.jpg

とりあえず、アサタカさんは荒雄の経験少な目らしいから、付き場所とコツをほんのちょっとだけ伝えたんだけどね、

お~!早速のヒットだす。

アドバイスは無用っだったかもね。


d0164783_12260643.jpg
なかなかの良型だす。



d0164783_12260595.jpg


んじゃ、オラも少し下に入らせてもらってと。



d0164783_12260692.jpg
たまにいいサイズのヤツが出てきてくれるけどね。


d0164783_12263280.jpg

次第に風がね、強く吹き始めたのだよね、そりゃもうビュービューと・・・

更にだよ、雨まで強く降り始めたもんだす。

さっき、天気に詳しそうな釣り人が、前線が秋田に抜けてなんちゃらだから雨は降らないよ。

なんて言ってたから二人とも安心してたんだけどね~。

アサタカさん、自称雨男なだけはあるね。(ホントは自分が雨男なんじゃね?)

腹も減ったし、車に戻って飯でも食うべし。

・・・

一日降り続けるかと思う勢いだったけど、次第に雨が上がり始めて来たのだ。

こりゃあ、オラの日頃の行いの良さの賜物なんじゃね?(オメーじゃねーから!)

んでも、雨が魚の活性を下げてしまったんだべか・・・

午後はサッパリだったのす。

んじゃあ、オラの気になる場所へと行ってみねすか?

流れの速い底にビタッと付いてるやつが居てね、今まで五回掛けたけど、ことごとくティペットぶっちぎられてキャッチ出来てないのだす。

今日はそいつを釣りあげてやるべと4番でも一番強いロッドにしたのだよね。

掛ける事はそんなに難しくないのだけれど、そこに付くヤツは引きの強さが半端じゃないのだ。

掛けてからが勝負なのだす。

六度目の今日は何としてもキャッチしたいのだ。

お~し、今日も掛けたが・・・

ぬお~・・・やっぱ強え~!

障害物の無い場所まで離せるかどうか・・・

寄って来てはダッシュで離れる・・・

そう、賢い鱒は疲れてくると、足元まで寄って来つつパワーを溜めといて一気に走る・・・

コヤツも何度も寄せては走られ、人の股の間をくぐるのだ。

決して、それほどの大物じゃないけれど、引きの強さとスピードは疲れを知らないアスリート並みなのだ。

キャッチした時、アサタカさんから拍手して貰ったすよ、あれ?こんなに離れた場所まで引きずられてたっけ?

d0164783_12265684.jpg

アサタカさん、C&Rって、たかが管理釣り場だけどね、こうしていろいろ工夫しながら釣ると面白れ~よね。

ここでしか気が付かない事もイッパイあるから、来シーズンは通ってみたら?

え?今シーズンラストのつもりだったけど、また来るって?

なんなら休みが合えば一緒にどう?燃料と高速代半分こでね。(それが目的かよ!)




d0164783_12265790.jpg
















[PR]

# by the-kingfisher | 2016-11-19 20:46 | フライフィッシング | Comments(6)