出撃!ウルトラ警備隊・・・なのだ




♬ ワンダバダバダバ ワンダバダバダバ ワンダバダバダバワン ♬


♬ ワンダバダバダバ ワンダバダバダバ ワンダバダバダバワン ♬



ここ、荒雄川にウルトラ警備隊のテーマ曲が聞こえてくるのだ・・・




d0164783_11212520.jpg


何故にウルトラ警備隊なのかって?

ウルトラ警備隊、通称 MAT・・・MATが何の略かしってる?

MATは Monster Attack Teamの略なのだが、怪獣攻撃隊って意味なんだと。

オラとこの方が荒雄に来るときは、ウルトラ警備隊、MATとして川に刺さるのだよね。  

んでもね、我らの場合、Monstertrout Attack Team の略となるのだす。

チームのマークはこんな感じね。

え?本家MATのパクリだって?

い~や、緑と青の位置が違う全く別物なのだす!

似てるように見えるのは偶然、偶然だよ。(もろパクリじゃん!)


d0164783_23302895.png

警備隊の隊長は、この方。

SHIGEZOさんなのだよね。

あれ?リンクの表示が変わったのね?



今日はSHIGEZOさんと荒雄のモンスタートラウトが暴れてないかパトロールに来たのだす。

警備隊のオレンジ色の制服が頼もし気だべ?




d0164783_11202529.jpg


しかし、この日の風の強さは尋常じゃないほどの強風だったのだよね。

SHIGEZOさんとの荒雄での釣りは三度目なのだが、初めての晴れの日なのだよね、

荒雄での強風はほぼ決まって上流から下流に吹き降ろすことが多いよね・・・

せっかくキャストしても、足元に戻されるほどなのだよ。

日頃の行い悪いのは、どっちだ~?(間違い無くお前だな)

SHIGEZO隊長はそんな悪条件でもしっかりと釣ってるよ。

そのロッドに、MATシュートのように光熱源エネルギーカートリッジでも装着されてんじゃね?(なんのこっちゃ?)

d0164783_11180427.jpg


サイズは、ジュニア級モンスターだったらしいす。

しかし、その後にはミドル級のモンスター出したらしいよ。

オラはどうかというとね・・・

細流に逃げ込んでハヤ一匹だったす。

MAT隊員として恥ずかしい限りだす・・・



d0164783_11180574.jpg

お~、おらにもミドル級モンスターが来たのだ。


d0164783_11214060.jpg


ヘビー級は現れないものの、ミドル級はポツポツ出現するのだす。




d0164783_11210505.jpg


気温も低い上に強風だから、とっても寒くてオラの股間もジュニア級に縮むほどだよ、

下ズボン履いてるけど、ネオプレーン持ってくりゃよかったな・・・



d0164783_11205349.jpg

SHIGEZO隊長、もう寒くて寒くて・・・

あったかい昼めし食いに行かね?

ふきのとうへの移動はSHIGEZO隊長の愛車でもあり、MATパトロールカーでもある、MATビハイクルで移動するのだ。

黄色いナンバー付いてるけど、最高速は365Kmを誇るのだす!

ふきのとうまで5秒で着いた気がするよ。(寝てたんじゃね?)





d0164783_11215473.jpg




は~、あったまる~・・・



d0164783_11215843.jpg




「SHIGEZOさん、最近オラはホントに抜けてるんだよね、今日だってほら、同じ手袋二組持ってるけど、どっちも右手持ってきてるし。」

と、思ったれば・・・ただ左右逆にはめてるだけだったす。ホントに抜けてる~。

ふきのとうの女将さん交え話がはずんで、心も体も温まったので午後もパトロールに行ってくるべかね。



d0164783_11180291.jpg




午後は風も収まり寒さも和らぎ、釣りも大分苦痛では無くなったね。

お!SHIGEZO隊長、いいものめっけたよ。

ほれ!


d0164783_11180247.jpg


これしってる?

デンサンのポケットフィッシャーってやつ。

電気工事で配線通す道具らしいけど、荒雄でパトロール中はコイツ持ってると良い事あるよ。



d0164783_11180198.jpg


ミョイ~ンと伸びて1m弱かな?

枝に届けば強引に引き寄せられるからね。



d0164783_11180168.jpg




ワカサギ釣りの氷の穴に針引っ掛けたとき用に用意したけど、

渓流でも持ってると便利だす。

1日で3個回収したこともあるよ。



d0164783_11180317.jpg




おっと~、隊長殿、ヒットしたすよ。

え?隊長もヒットしたの?

ダブルヒットだすね!

こっちはそこそこだけど、そっちはどう?デカいすか?

なぬ!?ヘビー級すか?

仲良く並べて撮影するべし。

あれ?ヘビー級じゃなくて、ベビー級なのね?


d0164783_11220683.jpg




こうして、今日も荒雄川の平和が保たれたのだ・・・

SHIGEZO隊長、できたら今シーズンもう一度パトロールにくるべね。

次回はモンスターを退治するべく・・・



d0164783_11180218.jpg








んで、実はね、次の日オラ一人でまたもや荒雄へとモンスターパトロールに出かけたのだけどね・・・

まさか、あんな出来事が待ち構えていようとはね・・・

ま、それはまた後でね。















[PR]

# by the-kingfisher | 2016-10-25 02:30 | フライフィッシング | Comments(10)

the final fishing trip・・・なのだ



きょうは、オラの渓流最終釣行の日なのだ。(今更でスマンね)

前日の天気予報じゃ雨が本降りになる予報だったから、行こうかどうか悩んでいたのだが、

取りあえず行ってみることにしたのだ。



d0164783_18480304.jpg

岩手の渓流最終期ってね、皆が最後の釣行に行っとくべと思うだろうし、お隣秋田は10日ほどはやくに禁漁になるから、

釣り人がどっと押しかけてきて厳しくなるのだよね・・・

実は、前日も釣りに行っては来たんだけども、小ぶりな魚一匹のみと貧果だったのす。

この日も早くに家を出たつもりだったけど、林道の車止めにはすでに先客がいらっしゃるのだ。

戻って下から川に刺さるけど、釣ってる最中も車が上に何台も上がって行くのだよね。

あ!ベストに昼飯入れて来るの忘れたじゃ。

そういや、遭難した時の為に、カロリーメイトがベストのどっかに入ってたはずだな。

あ~、砕けてるし、これっぽっちじゃ足りね~。

d0164783_18480457.jpg

しゃあね、食いにもどるべか。

車に戻ると、オラの車の隣にもう一台停めてあったのだ。

マジか!?まあ、入る場所無いほど釣り人多いからね・・・

どうするべ・・・もう帰るべか?


d0164783_10091627.jpg


飯を食いに戻ったことで、追い越されたみたいだけどね、んでも、そもそも朝一から先行されてたことは知っていたのだ。

釣れない理由を人のせいにはしたく無いけどね、さすがにこれじゃあ魚もスレスレだべ。


d0164783_18480403.jpg

たまにフライに出て来るけれど、ま~見事にフッキングしないのだ。

時期的な要素もあるだろうけど、人的要素も重なってるのだべかね?

んでもね、前日釣ってて、大物であろう反応を釣り逃していたのだ、しかも2匹も。

やっぱフッキングせずにすっぽ抜けていたのだよね。

その場所にまだいることを願って先行者の後を追ってみたべ。

d0164783_18485953.jpg


昨夜、あまり使うことのないフックに巻いたフライをパッチに忍ばせてね。

MARUTOフックってあるよね、あれのD23というフックなのだ。

TMCの531が良いフックだったけど、廃盤となったらしく3年ほど前?だったかな、

代わりのフックとして使ってみたのだが、残念ながら531の使用感とは全く違っていたのだ。

形が似ていて、531と同じパーフェクトベンド、シャンク部のワイヤーの太さもほぼ同じ0.51mm(#10)

違いとしては531はシャンクが短くゲイプがワイドだし。

スロート部分が531の方が1mmほども長いのだよね。

バーブ(かえし)の有り無しでも大分違うだろうけど。

d0164783_11084092.jpg

つまり、使用感がどう違うかって~と、あくまでオラの主観でしかないけれど、

TMCの531に比較して、MARUTOのD23は少々バレやすいのだ。

バーブの有り無しも重要だけど、531は短いシャンクに長いスロートって部分が最も使用感の違いだべかと考えているのだが・・・

しかし、D23には一つ強みがあったのだ。

それはね、掛かりが良いことなのだ。

例えば、反転流にこっちを向いて付いてる魚を掛けるとき、合わせでどうしてもフライがすっぽ抜ける方向に合わせなきゃならん時とかね、

この日のように出てもなかなかフッキングしない時とかね、若干フッキングが良い気がするのだ。

普通のフックで普通に掛けられる時に使っても、ただバレる確率が増えるだけのフックになってしまうけど、

条件の悪い時に使ってこそD23の良さが出る気がするのだ。

しつこいようだけど、オラの勝手な主観なのでね、全く違ったぞ~!なんてクレームは言わないでちょ~だいね。





んで、コイツを結んで前日すっぽ抜けた場所へとやって来たのだが、一か所目は何もなくただフライが漂うだけだったのす・・・

思い当たるもう一か所の場所は・・・

反転流が岩にぶつかるあそこ、良く見ると岩には小さなえぐれがある場所なのだす。

誰にも気づかれず、まだ居るべか・・・

漂うフライが、沈んだように吸い込まれたとき、合わせを入れたのだ。

お~し、掛ったぞ、バレんなよ~。

お~、居たのか・・・



d0164783_18480300.jpg


finalを飾るに十分すぎる、余裕の尺越えだす。

ありがたや~。



d0164783_18480302.jpg


MARUTOフックのおかげかどうかはわからないけどね、ほんのチョイでも確率が上がるならね。

時間はまだあるけれど、早めに上がる事にしたのだ、今シーズンもありがとさん。



d0164783_18493442.jpg

林道をテクテクと歩いていると、気になる物が落ちているのだ。

お~、コイツは・・・


d0164783_18493758.jpg


山栗って、小粒だけども味が濃くてうまいのだよね。



d0164783_18494047.jpg


落ちたての、車に踏まれてないヤツを夢中でかき集めたべ。

小型のバックに結構集めたぞ~。


d0164783_18480333.jpg


オッサンには似合わないメンコイバックだけどね、持ってて良かったのだ。



d0164783_18542224.jpg

それにしても・・・

更新の頻度も少なくなったクセに釣れなかった日の事はアップしないし、だいぶ日が過ぎてからの更新だし、

勝手な主観をツラツラと書いてるし、なんかイヤ~なヤツって感じだろうけどね。

オラにも人並みに色んな事があったりしてね・・・

んでも、気が付いたことがあったり、書いてみたいことがあれば少ないながらも更新するべかと思っているので、

どうか宜しくなのだす。(誰も期待してないから心配すんな~)


そしてまた、お知らせがあるのだ。

先日の事、



なんと!



アホな事に、



スマホ洗濯しました・・・(ザマーみろ笑)

お知り合いの方々、メールにて連絡してくださいまし。

よろしくね。











[PR]

# by the-kingfisher | 2016-10-07 00:58 | フライフィッシング | Comments(18)

備えあれば憂いなし・・・なのだ

あぁ・・・

今朝はちょっと寝坊してしまったのだ・・・

コンビニ寄って、飯を買い、急いで川へと向かうのだ。

林道を走るペースがいつもより速くなりがちなのだす。

ん?なんだ?

路面の凸凹がケツにダイレクトに伝わるこの感じは?

車から降りて確認すると・・・

あ~!パンクしてるじゃ~!

他の車の邪魔にならないように、脇へと停車しジャッキアップするのだ。

d0164783_22342669.jpg

うわ~・・・蚊が寄ってきてザクザク刺されまくりだす!

どれ、どこに穴が開いたってや?

エアーを補充して確認してみるのだ。

d0164783_22342771.jpg

あれま、さっぱり圧が上がらないと思ったれば、1Cm以上の大穴が開いてるじゃ!

きっと尖った石でも踏んずけたんだべ・・・

やっぱ林道はゆっくり走るべきなのだ・・・あ~あ


d0164783_22342774.jpg

オラの乗ってる車は生憎スペアレスなのだよね。

しかし、林道走る機会の多いSUVなのにスペアレスなんて絶対反対なのだよね。

いや、SUVに限らず車には三角停止版とスペアタイヤは標準装備に統一してもらいたいと思うのだ。

この車、オプションでスペアタイヤの設定あるけれど、タイヤだけじゃなくて取り付けキット?という余計なものが付いてくるので6万円とかするんだっけね。

とてもじゃないが、買う気になれないのだ。

んでも、何があるかわからないので、保険の意味でも搭載してるよ。


d0164783_22344498.jpg

オラの車に合うサイズのスペアタイヤ(テンパータイヤ)は、確か旧型のフォレスターのターボモデルだっけかな?

スクラップ屋に電話しまくって探し出した物なのだ。

運よく2千円で手に入れられたのだ。ラッキー!

んで?スペアに交換すんの?

いや、できればそいつは極力使いたくないのだ、んだって、この細っそいテンパータイヤで林道走るのは不安だからね。

大穴あいたこのタイヤ、今後の使用には耐えられないだろうけど、今日、家に帰れるかどうかが問題なのだ。

お~し、手持ちの修理キットで穴埋めするのだ。

d0164783_22342639.jpg


スペアレス車はタイヤに注入するタイプの修理キットが搭載されてるけどね、正直あんまり効果的じゃないのだよね。

現に今回のように大穴が開けば、穴から修理材がダダ漏れするだけだからね。

しかも穴が下に来るようにして注入しないとダメな時もあるっけし。

んだから、上の写真のホルツの修理材のように、泡で出てくるタイプがまだ使えるのだ。

んでも、まずはこっちで修理してみるのだ。


d0164783_22344437.jpg

穴に部材を挿入するタイプが一番確実だからね。

その中でも部材を加硫セメントで溶かして、タイヤとより密着する製品が信頼できると思うすよ。


d0164783_22344479.jpg

注入するタイプはホイールバランスずれたりするみたいだからね、挿入するタイプで塞ぎ切れなかったら注入するべし。

まずは一本、ブッスリとね。


d0164783_22562581.jpg


この大穴、これでふさげる訳もなく、結局4本突っ込んでやっと止まったのだ。

もちろん家まで帰る為の処置なのだす。部材一本で止まらない大穴を修理したタイヤは継続使用はできないからね、念のため。



d0164783_22344492.jpg

しかし、スペアタイヤ用意しといて、修理キットも複数持って、どんだけパンク恐怖症なのや・・・

そりゃあね、一度でも電波圏外の山奥で2本パンクして、修理キット持ってて助かったって経験があればね。




ふ~、何とかなったのだ。

d0164783_22344480.jpg

余計な時間食ってしまったけど、これで釣りも集中してできるのだ。


d0164783_22344406.jpg


尺あったのだ~。

修理キット様様だす!

d0164783_22345854.jpg


やがて雨が降り出したのだ・・・

濡れながらの修理じゃなくて良かったべ。

蚊には10か所ほど刺されたけどね。


d0164783_22345857.jpg

お~!!

余裕の尺越えだす!

修理キット様様様なのだ。(様多く付ければいいってもんじゃないだろ~)


d0164783_22345846.jpg


雨が強くなってきたし、そろそろ上がるべかね。


d0164783_22345956.jpg
林道歩いてる途中で、強雨になってきたよ。

うひ~!着替えるよりも、そのまま車に乗り込んで退散するべし!

ウエーダーのまんま乗り込んだら、防水シートカバーに水たまりができてたよ・・・

家の玄関で着替えるべと、中に入ったら嫁が珍しく気を利かせてバスタオル持ってきてくれたよ。

そして、とっても優しい~言葉をいただいたのだ。

「靴濡れるから、外で着替えてよね・・・あ、床濡れてるじゃん、ちゃんと拭いといてね。」

あ~ハイハイ・・・


d0164783_22345885.jpg










[PR]

# by the-kingfisher | 2016-09-18 02:08 | フライフィッシング | Comments(12)